ライオンズゲートってなんだ?

この真夏に、「ライオンズゲートが開いています」という言葉がどこからか飛んできました。

これは、一体なんのことなのでしょうか?

知っている人も、知らない人も、暇つぶしでもいいのでお立ち寄りください。

今回は、スピリチュアル?宇宙?な世界で言われている「ライオンズゲート」の存在について。

日本では真夏にあたる季節に大きく開くようですが、一体何のことをいっているのでしょうか?

ライオンズゲートって?

ライオンズゲートは、扉のようなもので、宇宙と地球をつないでいる扉だそうです。

普段か固く閉ざされているのですが、7月26日~8月12日までの18日間、大きく開かれているようです。

7月26日からゆっくりと徐々に開き始めて、8月8日に全開マックスになるとのこと。

って、そんな扉がどこにあるの?ってお話なのですが。

よくわかりません。

ただ,ひとつはっきりしていることは、地球が銀河の中心に位置するタイミングを、扉の開閉として表現しているということですかね。

開くから何なの?

で、ライオンズゲートがその間は開いているからって、それがどうした?

ということなのですが。

結論的には宇宙のパワーが地球に降り注いできて、扉が解放中はそのエネルギーを沢山受けられるタイミングだということのようです。

まあ、もちろん目には見えないエネルギーのようですし、何も変わったようには思えないのが当たり前なわけで、何がどうってわけでもなかったりもしますね。

ただ、このタイミングでパワーをしっかりと感じている人は、何かの変化が起こったり、新たなチャンスを掴むと言われているみたいです。

決断する時も、この時期に決めてアクションを起こせば、上手くいくとかいかないとか。

まあ、扉が解放中は何かが起こりますよ!ってことで良さそうです。

身近なところでの小さな変化は、もしかしたら宇宙の力かも~!

ライオンズゲートが開いている期間に何かやることがある?

扉が開くのだと知ったのなら、何かをしたほうがいいのでしょうか。

どうなんでしょうね。

私としては、してもいいししなくてもいい気がします。

いずれにしても、ライオンズゲートなるものは開いているわけで、エネルギーによって動くわけなのですから。

何か新たにチャレンジしたい人は、飛躍するチャンスかもしれません。

特にやりたいこともない人は、のんびり過ごして力を溜める時かもしれません。

まあ、何やらいいことがある期間のようですので、宇宙の力に任せちゃっていいんじゃないでしょうかね~!

どこから来た話なの?

このライオンズゲートが開くとかなんとかってのは、どこから来た話なのでしょうかね?

言葉としては、「獅子の扉」となるのですが、タイミングとしては地球が銀河の中心に位置する時を示しているようです。

また、マヤ歴の新年の時期とも重なり、新しい何かが始まる時としてあるようです。

そうだとしても、一体その話を誰がいつ言い始めたことなのでしょうかね?

ライオンズゲートが開くと言われても、そもそもそのお話の謎が深まるばかりですね~!

まあ、どこから引き返すのかは個人の自由であって、

「開くんだって~!」

「ようわからんけども、いいことあるらしいよ!」

「なんだそれ!どういうことだ?」

「面白そうだから調べよう!」

と色々な方向へと皆さん進まれるでしょうね。

まあ何はともあれ、ライオンズゲートは開くんですよ!

ダリル・アンカはなぜバシャールと交信できるのか?

バシャールの存在が明らかになったのは、ダリル・アンカさんが交信して語ったことから始まっています。

それなら、ダリル・アンカさんはどうしてバシャールと交信できるのでしょうか。

今回は、ダリルさんがチャネリング可能になったことについて書いてみます。

続きを読む

今出来ることをやろうよ!

諦めること、諦めないこと。

どちらが大切かと言われれば、どちらも大切なものです。

また、諦めることと諦めないことは、同じ意味なような気がするのです。

続きを読む

「何もしない」を実践!車のエアコンが壊れたまま過ごしてみました!

2019年7月中旬まで、「今年は意外と涼しくて過ごしやすい夏になりそうだな」なんて余裕でいたら、なんてことはない!下旬から日本は猛暑に飲み込まれましたね!

で、このタイミングで、まさかのカーエアコンが故障して使えなくなりました!

ここで普通なら、何かの対応をするのでしょうが、私の今の流行りはなんといっても「何もしないこと!」です。

続きを読む

バシャールって何だろう?

バシャールという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

あらゆる叡智の集合体と呼ばれるバシャールは、一体どんな存在なのでしょうか?

今回は、バシャールについて少し触れてみようと思います。

続きを読む