人との間で起こっていることの真実

人との関係が、人生のほぼ全てです。

これが上手くいかなくなると、何もかもがカオスとなっていきます。

この歪みの解消をするためには、人との間で、自分の心の中で何が起こっているのかを知る必要があります。

場合によっては、少し心にダメージを受けてしまうことがあるのでご注意下さい。

今、辛すぎて苦しい場合は、読むのは控えて休むこと、楽しいことをやるのを優先することをおススメします。

ここでは、人の心理と人との関係について、少し衝撃的な真実を記します。

何かを変えたい、少しでもより良い人生へとシフトしたいのなら、読み進めてみて下さい。

途中で辛くなったら、素直に離脱して下さいね。

外側と内側は完全に鏡

外側には、自分の内面がそっくりそのまま現れちゃうんです。

これは、否定のしようがない完全な事実だから、受け入れるしかないんですよね。

これが苦しいところ。

トラブルが起こる時ってのは、必ず被害者と加害者が存在していますね。

これ、一見すると一方的に見えるんですが、実はどちらも同じなんです。

違う意味でも鏡ってのは作用してて、したことをされるんです。

それも違う方向から。

方向は違うけども、外側からってのは同じですね。

外に出したものが、自分へと返ってくるんです。

でね、それが何倍にもなるって話もあるのだけれど、されたほうはそう感じるって話で、してる方はあまりそうは思っていないってこと。

最初の、外側と内側が鏡って話に戻るけど、心にあるものがそっくりそのまま実体化しているような感じね。

その事実は、自分しか知らないんです。

それを、相手のせいにしてるだけなんです。

だからね、「やられた!」と騒いでる人ってのは、別のところでやってるか、もしくはそういう思いを心に秘めてるってこと。

悪口言われる、ひどいことされるって状態にあるのは、相手をバカにしていたり、憎んでいたりすることの反映ね。

それか単純に、いつもやってることかのどちらか。

裁くと大変なことになる

それを認めて被害を受け続けることに耐えてる人も中にはいるから、被害者を責めてもいけない。

被害者は、ひどく心が弱っている場合もあるから、単純に優しく励ましてあげて、耐えられるように支えてあげるべきなんです。

ただね、問題となるのは元気な被害者。

「やられた!」

「大変なんだ!」

「自分が一番辛いんだ!」

それもね、気持ちはわかるのだけどそれだけの元気があると、まわりからは「まだやってるのか」としか見えないんだ。

それにさ、それを言い続けることが、どれだけの攻撃になっているか気づいていないんだよね。

被害者を主張することは、とてつもない凶器となるんだ。

一番やったらいけないことが、被害をキッカケにアクションを起こすこと。

これをやっちゃうととんでもないことになるのですわ。

訴えたり、裁いたりすると、もう一生償えない十字架を被害者側は背負うことになっちゃうからね。

裁きを加えると、加害者側はその裁きによって報われるから、それで終わるわけ。

けどね、裁いた側、被害者側ってのは、相手に罪を償わせると同時に、一生償えないものを持たされるわけよ。

これが、歎異抄にある「悪人ほど救われる」ってことかな。

だから、辛いけど、苦しいけど、耐えられるなら耐えて、もうダメだなと思ったら逃げよう。

そんで、逃げてから、休んでから、心が回復してから自分の罪を反省しよう。

被害者も加害者もなくて、どっちも悪くはないんだからね。

ただ、互いの業(カルマ)を浄化してるだけだから、どちらかが追い打ちをかけたり、まわりがとやかく言ったりはしちゃだめなんだ。

それでも人として

こういうことを書くと、やられているのに見捨てる、被害者が一番つらい、と言われるのはわかってる。

でもね、一度どちらの立場も味わうと、全てが理解できるようになるよ。

一方的に誰かを攻撃して、追い詰めるような行為は絶対にあってはならないこと。

それが複数によって、一人を責めるようなものなら、絶対にいけないこと。

これをひっくり返したらわかるんだけど、被害に遭いましたって手を挙げて、誰かを悪者にする行為って、まさにそれに当たることなのよ。

それに気付けるかどうかだと思うんだ。

一番辛いのは被害者なのはわかってる。

私もかなりひどいいじめにあって、命を絶とうとしたこともある。

最後の選択は、自分の人生を終わらせるか、相手の人生を終わらせるかの二択になっちゃうんだ。

けどさ、最終的にはそんなことできないって、貝のようになった。

その先に見えたのは、暗闇に一本の光が射しこんできて、その光の中にいた存在は、自分だった。

気づいたんだ。

幸せになるために、悪口を言ってはいけないってメソッドは誰でも知ってるはず。

自分が言わなくなったら、言われなくなる。

この法則の事実は、実際には言われなくなるんじゃなくて、同じ言葉、同じ行動という現実は変わっていないのに、それが気にならなくなるってだけ。

そういった心理作用があるってこと。

それを試すと実際にそうだから驚いた。

けどその先にも新たな答えが待っていて、人との関係はそのように出来ているとするならば、「やられた」と言っている被害者は・・・ってことになるんだよ。

先にも書いた通り、それを知っていて受け入れて、耐え続けている人はそれはそれで素晴らしいことだからいいんだ。

一生懸命頑張って、たまに悪口言いながらでも直そうとしてるならいいんだ。

だけど、ずっと被害者を訴えてるってことは、その訴えそのものがそうだってことか、心の中で抱えているか、どこかでずっと同じことしてるってことなんだ。

鏡っていうのは、とても受け入れがたい真実だったけど、受け入れるしかないもので、そこからなんとか生き延びることが出来たのなら、あとは大丈夫だと思う。

温かく見守ろう

被害者も加害者も、どちらも内面的には全く同じなんだ。

どちらかというと、被害者のほうが罪を償おうとしてるから一歩リードだけど、仕返しみたいなことすると、また一からやり直して。

それと同じように、被害者が償ってる時に、さらに加害者側から追い打ちをかけるのも違うよね。

それをやっちゃうと、自分もまきこまれてしまうよ。

大切なことは、どちらもが辛い立場なのだから、周りで見ているみんなが、どちらかに加勢するでもなく、見て見ぬ振りをするでもなく、二人を温かく見守ってあげること。

そして、どちらも壊れてしまわないように支えてあげて、助けてあげること。

本当は、やったやられたなんてなくて、ただどちらも辛いだけ、寂しいだけなんだ。

見てる暇があったら、そのやりとりの悪口を言う暇があったら、助けてあげようよ。

もう、その辛い現実をどうにかできるのは、周りで見ている余裕のある人たちだけなんだよ。

被害者とか加害者とか、そんなの関係なくて、当人同士のただのケンカでしかないんだから、止めてあげればいいじゃないの。

それが、一番の平和的な解決ってことだよ。

やったほうをつるし上げて、「こいつが悪人です」なんて世の中は、そんな悲しい世の中はあってはダメなんだ。

みんなが仲良く、楽しく幸せに生きられる社会を、みんなで作っていこうよ。

心優しい人になろうよ

がむしゃらに夢を追いかけて、負けないようにと頑張って。

挫けながらもまた立ち上がって。

そんな風に信念を貫き、努力を重ねてきたものの、最後には大切なものがあることに気づかされました。

続きを読む

愛と光に生きていたい

バシャールが伝える言葉の中に、「愛と光に生きる人は、愛と光しか体験しません」ってのがあります。

これ、たぶん本当のことだと思います。

それならば私は、全うにそれを信じて、愛と光に生きて行きたいです。

続きを読む

人との関係が上手くいかない理由はたったひとつだけ

生きる上で、人との関係が全てと言っても過言ではありません。

友達やら、恋愛やら、仕事やら。

とにかく何をやっても上手くいかないのは、スキルがないとか努力が足りないとかそんな問題じゃないんですよね。

単純な原因が、もっと目の前にあるのです。

心理学やら、哲学やら。

まあ色んなものを読み漁って、情報をかき集めてみて下さい。

努力してみたり力をつけてみたりもしてみて下さい。

何度やっても同じです。

外側は内面の鏡なんです

これはどこでも言われてることだから、すでに知っていることでしょうが、外側にいると思っている人は、あなたなんです。

上手くいかない、邪魔してくる、怒ってばかり。

それ、あなたです。

力をつけても、頭が良くても、不機嫌な人、邪魔する人、攻撃的な人には同じ人が近づいてくるだけなんです。

でね、関係が上手く保てない原因はひとつだけ。

怒っているからです。

そんなつもりはないかもしれませんが、怒っているんです。

外側にいる人が、めんどくさい人だと言っているあなた。

そうやっていつも不機嫌でいるあなたが、一番めんどくさい人なんですよ。

こうして、鏡の作用は成立してるってわけです。

怒らせてくるわけでも、怒られてるわけでもなく、ただあなたがちょっとしたこと、くだらないことにすぐ腹を立てているだけなんです。

不機嫌が人を遠ざける

いつも怒っている人は、どんどん人が離れていってしまいます。

心を開いてくれないからと、さらに怒るから、さらに離れます。

気づかないうちに、全て自分でやってるんですよね。

笑顔で優しくしてほしい。

そういった要求を、相手にばかり求めてはいませんか?

そもそも、あなたがそういう表情をしていないんです。

不機嫌な状態でいるから、まわりの誰もが不機嫌に見えて、少しの優しさも受け取れずに、嫌味にとらえたりもするのです。

まあ、色々と感じるかもしれませんが、とにかく不機嫌が人との関係を壊していく原因になるのは間違いありません。

例え顔が笑っていたとしても、ちょっとした動きや、言葉遣いなどに現れてくるので、それに反応して優しい人は逃げてしまうってことです。

人間関係を良好に保つのは簡単

人との関係を、上手くできない人は、とにかく表情が硬く、怒ったような話し方、動き方をしています。

意識的にでも、こういったことを柔らかくするだけでも、違ってきます。

自分の内面にも作用してきますので、外側と内側の両方が穏やかになっていきます。

人間関係を上手くやるには、特に考える必要はなく、自分がご機嫌でいるだけえです。

たったそれだけのことです。

ご機嫌でいる人には、ご機嫌な人たちが集まってきます。

また、内面が映し出されて生き、誰もが幸せそうに見えていきます。

これが出来ないでいるから、外側に向かって何かを変えようとして、おかしくしてしまうのです。

やることは簡単。

自分をご機嫌にしてあげること。

ご機嫌になることをすること。

ただそれだけなんですね~!

ライオンズゲートってなんだ?

この真夏に、「ライオンズゲートが開いています」という言葉がどこからか飛んできました。

これは、一体なんのことなのでしょうか?

知っている人も、知らない人も、暇つぶしでもいいのでお立ち寄りください。

今回は、スピリチュアル?宇宙?な世界で言われている「ライオンズゲート」の存在について。

日本では真夏にあたる季節に大きく開くようですが、一体何のことをいっているのでしょうか?

ライオンズゲートって?

ライオンズゲートは、扉のようなもので、宇宙と地球をつないでいる扉だそうです。

普段か固く閉ざされているのですが、7月26日~8月12日までの18日間、大きく開かれているようです。

7月26日からゆっくりと徐々に開き始めて、8月8日に全開マックスになるとのこと。

って、そんな扉がどこにあるの?ってお話なのですが。

よくわかりません。

ただ,ひとつはっきりしていることは、地球が銀河の中心に位置するタイミングを、扉の開閉として表現しているということですかね。

開くから何なの?

で、ライオンズゲートがその間は開いているからって、それがどうした?

ということなのですが。

結論的には宇宙のパワーが地球に降り注いできて、扉が解放中はそのエネルギーを沢山受けられるタイミングだということのようです。

まあ、もちろん目には見えないエネルギーのようですし、何も変わったようには思えないのが当たり前なわけで、何がどうってわけでもなかったりもしますね。

ただ、このタイミングでパワーをしっかりと感じている人は、何かの変化が起こったり、新たなチャンスを掴むと言われているみたいです。

決断する時も、この時期に決めてアクションを起こせば、上手くいくとかいかないとか。

まあ、扉が解放中は何かが起こりますよ!ってことで良さそうです。

身近なところでの小さな変化は、もしかしたら宇宙の力かも~!

ライオンズゲートが開いている期間に何かやることがある?

扉が開くのだと知ったのなら、何かをしたほうがいいのでしょうか。

どうなんでしょうね。

私としては、してもいいししなくてもいい気がします。

いずれにしても、ライオンズゲートなるものは開いているわけで、エネルギーによって動くわけなのですから。

何か新たにチャレンジしたい人は、飛躍するチャンスかもしれません。

特にやりたいこともない人は、のんびり過ごして力を溜める時かもしれません。

まあ、何やらいいことがある期間のようですので、宇宙の力に任せちゃっていいんじゃないでしょうかね~!

どこから来た話なの?

このライオンズゲートが開くとかなんとかってのは、どこから来た話なのでしょうかね?

言葉としては、「獅子の扉」となるのですが、タイミングとしては地球が銀河の中心に位置する時を示しているようです。

また、マヤ歴の新年の時期とも重なり、新しい何かが始まる時としてあるようです。

そうだとしても、一体その話を誰がいつ言い始めたことなのでしょうかね?

ライオンズゲートが開くと言われても、そもそもそのお話の謎が深まるばかりですね~!

まあ、どこから引き返すのかは個人の自由であって、

「開くんだって~!」

「ようわからんけども、いいことあるらしいよ!」

「なんだそれ!どういうことだ?」

「面白そうだから調べよう!」

と色々な方向へと皆さん進まれるでしょうね。

まあ何はともあれ、ライオンズゲートは開くんですよ!

ダリル・アンカはなぜバシャールと交信できるのか?

バシャールの存在が明らかになったのは、ダリル・アンカさんが交信して語ったことから始まっています。

それなら、ダリル・アンカさんはどうしてバシャールと交信できるのでしょうか。

今回は、ダリルさんがチャネリング可能になったことについて書いてみます。

続きを読む

今出来ることをやろうよ!

諦めること、諦めないこと。

どちらが大切かと言われれば、どちらも大切なものです。

また、諦めることと諦めないことは、同じ意味なような気がするのです。

続きを読む

「何もしない」を実践!車のエアコンが壊れたまま過ごしてみました!

2019年7月中旬まで、「今年は意外と涼しくて過ごしやすい夏になりそうだな」なんて余裕でいたら、なんてことはない!下旬から日本は猛暑に飲み込まれましたね!

で、このタイミングで、まさかのカーエアコンが故障して使えなくなりました!

ここで普通なら、何かの対応をするのでしょうが、私の今の流行りはなんといっても「何もしないこと!」です。

続きを読む

バシャールって何だろう?

バシャールという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

あらゆる叡智の集合体と呼ばれるバシャールは、一体どんな存在なのでしょうか?

今回は、バシャールについて少し触れてみようと思います。

続きを読む