今すぐやりたいことをやれ!

自分の人生は、自分だけの大切な時間であり、それは有限なものであり、時間は命そのものです。

それは、私もあなたも同じであり、どんな生き方をするのかは自由です。

この世に生まれた瞬間から、終焉の時へのカウントダウンは進み続けます。

それは、この宇宙の絶対的法則であるため、誰も変えることは出来ません。

さあ、あなたはこれから何をしますか?

他人の言言うことを聞くのも聞かないのも、あなたの自由です。

最終的には、全て自分で決めて自分で行動していることなのですから、いつでもあなたは自由です。

・時間は限られている

私たちに与えられている時間は限られたものだと言うことを、どれだけの人が意識出来ているだろうか?

「そんなことはわかっている」と頭では理解はしていたとしても、本当に強く意識しながら毎日を過ごすことが出来ているでしょうか?

時間は限られています。

今日という日は二度と来ることはありませんし、残りの人生は必ず短くなっていくと決められています。

だからこそ、この日、この時、この瞬間というものはとても大切なものであって、幸せであることが最も大切なことなのです。

他人の評価、世間の常識、社会的な立場など、気にしている暇はないのではないでしょうか?

何度も思い出すべきことは、時間は限られているということ。

もし、来年には世界が終わると決まっていたら、余命が半年と宣言されたら、今週でお別れだとしたら、今日の午後には全てが消滅するとしたら。

どんなことを体験し、どんなものを遺したいだろうか。

今日がラストチャンス、今が最後の時かもしれません。

・今日が人生で最初の日、最後の日

科学者たちも、時間は流れていないと論じています。

人間が生きる中での尺度、概念としては、時間という物が存在します。

ですが、それはあくまで共有するための目盛りのようなものでしかありません。

目を閉じて、心の中を覗いてみて、じっくりと自分自身を観察してみて下さい。

過去という物は、単なる経験の記憶であり、生きてきた軌跡の産物。

そして、未来と言うのは単なる予測や推測であり、妄想とも呼びます。

つまり、過去も未来も、今どのように生きるのかには無関係です。

もちろん、過去の行動が今に影響を与えていることは間違いありませんし、今の行動が数分後、数時間後、数日後、数年後に影響を与えていることも事実です。

しかし、私たちが生きることが出来る時間というのは、過去にも未来にもなく、今にしかないのです。

今のあなたが生まれたのは今日であり、それと同時に今のあなたは今日で終わります。

・今という瞬間を生きる

過去の後悔など抱える必要はありません。

失敗しても笑われても、それは単なる思い出であり、学びの糧であり、人生で成し遂げたひとつの経験でしかありません。

未来への不安など、考える必要はありません。

今日を全力で生きて、今を生きることを生涯忘れなければ、今思い煩っている未来のあなたもまた、ただその瞬間の「今」を生きているだけです。

全ての時間はひとつであって、パラレルな世界も同時に一つの中に存在し続けます。

ただ、「今」という点のような時間、瞬間という物を常に生き続けているだけなのですから、心配する必要などどこにもないのです。

「今を生きる」ということを、人生の最後の瞬間まで続けるのみです。

それ以外に、あなたがあなたの人生を生きる方法はありません。

そして、それが「自分の人生は幸せだった」と感じることの出来る唯一の方法です。

・考えている暇はない

人は時に、思い悩み、考え続けてしまうことがあります。

こういった時には、ひどく苦しむことになってしまうのですが、その輪廻は自分で脱出するしかありません。

ただ、思い出すだけでいいのです。

時間は有限だということ、今日が最後の日だということ。

今目の前に広がる世界を感じ取り、今を生きること。

生きることとは、ただ今という瞬間を生きて、沢山の経験を重ねていくことのみです。

そこに良いも悪いも、正しいも間違いもありません。

他者を上手くコントロールし、支配するためにあらゆるものが社会に張り巡らされています。

しかし、そういったものに振り回されないように生きるのです。

あなたはあなたの感覚に従い、考えたければずっと考えていればいいし、考えるのをやめて、やりたいことがあるのなら今すぐ行動です。

・人生を遊び尽くせ

生きることは、思っているほど難しいものではありません。

苦しい修行のようなものなのど乗り越えなくても、誰にだって楽に幸せに生きることは可能です。

人生とは、ゲームのようなもので、どんなことでも楽しむことの出来る仮想現実の中で生きることです。

まだやったことのないことがあって、それに興味があるのならチャレンジです。

失敗など気にする必要はありません。

やりたいからやるのです。

言ってみたい場所があるのなら、今すぐ行動です。

お金も時間も足りないのなら、そこに向かうためのプランを立ててみるだけでもいいでしょう。

今のあなたに出来ることは、まだまだあります。

今を生きる思想には、残りの人生、時間は有限だと気づくことによって、残りの時間が多く感じるというパラドックスが潜んでいます。

どんな人生にしたいか、ということは、今という瞬間、今日という時間をどのように過ごしたいのかと言うことと同義です。

無駄に自分を苦しめないように、あなたの人生が楽しくなるように、今からやりたいことへと取り組みましょう。

・今すぐそれをやってみよう

冒頭で述べたように、残された時間には限りがあります。

このことに気づいた瞬間から、あなたの本当の人生が始まります。

そして、今まで夢中でやっていたことに興味がなくなり、世界が全く別物に見えて、新たなものを沢山感じ取れるようになっていくはずです。

これがパラダイムシフトと呼ばれるもので、パラレルな並行世界を移動した瞬間とも言えます。

そして、新たなあなたの誕生であり、それと同時に新たな世界の創造です。

ここから先は、あなたの生きる世界はとてもシンプルになり、生き方は楽になっていきます。

答えは実にシンプルです。

やりたいことをやる。

やりたくないことはやめる。

これであなたは、あなたがこれまで他人に委ねていた人生の主導権を取り戻し、あなただけの自由な世界を生きることが可能になりました。

何度もお伝えしますが、残りの時間は有限です。

今日が最後の日です。

今がラストチャンスです。

今すぐ、やりたいことへと向かいましょう。

お腹がすいたのなら、コンビニへ行って、食べたい物を食べるのです。

眠くなってきたら、好きなところで楽な体勢で思いっきり寝ましょう。

体を動かしたいなら、どんなことでもいいので好きな動きをしてみましょう。

誰かと話したいなら、片っ端から知り合いに連絡して、意味など考えずに会話を楽しみましょう。

複雑にしているのは、良い悪い、正しい間違いの概念です。

そんなことは、あなたの人生には何も関係はありません。

大切なことは、あなたがそうしたいからそうするだけのことです。

そして、それがあなたにとって、楽しいかどうかです。

人生とは、楽しい経験を積み重ねていくゲームです。

今日を楽しみ、今を楽しみ生きて行きましょう。

それ以外のことなど、何も考える必要などありません。

我慢というのは、果てしの無い欲望へとつながっていきます。

それよりも、あなたが自由に生きて、「今日も一日楽しかった」と思えるように、今この瞬間から、あなただけの人生を始めてみましょう。

その、心の中に眠っていること、今頭の中に思いつく「それ」を今すぐやってみましょう。

全てはそこから始まります。

SNSでもご購読できます。