月の見える大きさがどうして変わる?

暗くなり始めたばかりの時間帯。

地平線近くで昇り始めの月を見て、「デカッ」と感じたことはありませんか?

しばらくすると、月は真上近くまで昇り、とても小さく遠くに見えます。

この、月の大きさが極端に変化するのはどうしてなのでしょうか?

結論からお伝えしますと、実は月の見える大きさはほぼ変わっていないそうです。

細かく言えば、月と地球との距離が変化するため、わずかに大きさに違いはあるそうですが、肉眼で見てその違いがあるほどではないようです。

つまり、昇り始めの月は「大きいように感じる」、空高くにある月は「小さく感じる」というだけのことのようです。

その原因は、人間の視覚的感覚が起こす錯覚なのだそうです。

この錯覚が、どうして起こるのかはまだはっきりとはわかってはいないそうですが、考えられることは、明るい月は大きく見える、周囲の建物や山や木などが大きく見せる、といったことがあるようです。

確かに、月が明るい状態にあると、ハレーションのように見えますし、色彩も膨張して見える色ですので、それらの相乗効果で大きく見えることはありあそうです。

また、空高く昇っている月は、比較するものが何もなく、あったとしても雲くらいなため、私たち人間の脳には、どれくらいの大きさなのかということが解析できない状態にあります。

遠くにいったという思い込みや、周囲に何もないところにある、ハレーション、レイリー散乱が起こりにくい、などといったことから、昇り切った月は小さく見えてしまうのかもしれません。

月の見える大きさは変わっていない

月と地球の距離は、少しずつ開いていき、月はどんどん遠ざかっています。

互いの引力と遠心力によって、月は外側へ放り出されるような動きをしているそうです。

ただ、これはどこかで調和する距離でとまり、再び地球へ近づき始めるそうです。

物理的現象のため、この動きを繰り返すもののようですが、この現象が1サイクル起こるまでの時間は、私たちの人生にはあまり関係のないほどの時間だそうですので、ここで考える月の大きさのお話にはつながりません。

先ほど書いたように、月の大きさが変わって見えるのは、目の錯覚によるもので、実際には変わってはいないということが答えのようです。

これを証明するために、五円玉、五十円玉のどちらでもいいのですが、片手に持って真ん中の穴に月を合わせ、時間帯ごとに同じ動作で確認してみるとわかるようです。

こうした情報は、検索すれば沢山出てきますので、参考にしてみて下さい。

「いや、絶対に大きさが違う!」と思われる方こそ、ぜひお試しください。

ちなみち、私はこの方法で確認はしていませんので、チャレンジされた方はまた教えて頂けると嬉しいです。

では、再びこの不思議な宇宙をお楽しみください。

SNSでもご購読できます。