今日という日は二度と来ない

どんな瞬間だって、その時はもう二度と来ることのない時間。

「今を生きる」ということの本質が、どれだけ理解出来ているだろうか?

当たり前に起きて、当たり前に歩き、いつもそこにある当たり前の景色を見ながら、ただなんとなく日常を過ごす。

それが悪いというわけではないけれど、全てが奇跡で感動的なものとして完成されている。

今日一日、どんな日だった?と聞かれると、特に何もない日常だった。

それでも、それがとても贅沢で幸せな時間だったのだと、振り返ってみれば気づく。

空は今日も青かった。

ごはんを食べて、何事もなく一日が過ぎた。

沢山歩いたし、考えもした。

景色を眺めてボーッとした。

意味もなく犬と戯れて、何かしようと思いながらも何もせず。

きっと、これでいいんだと思う。

当たり前が、当たり前でなくなる可能性は、いつだってある。

そんな中で、今しか出来ないことを見つけて、どんどんやっていきたい。

めんどくさいなんて言わず、それも今しか出来ないんだから。

あの人に次に会った時には、どんな言葉をかける?

どんな話をして、どんな別れ方をする?

いいかい?

次はもうないと思って生きるんだよ。

何を伝え、何を届け、何をこの世界に遺していくのか。

よく考えるんだ。

私の人生は、とても幸せなものだったと思えるように。

あの人は、とても素敵な人だったと、言ってもらえるように。

二度目はないんだよ。

私の中に眠る愛を解き放ち、今日も全力で生きてみよう。

ありがとう。

SNSでもご購読できます。