時間は有限な命そのもの

人生は、時間で出来ています。

その時間は、生まれた以上は有限です。

いつか終わることが決まっているため、時間は「命」そのものなのです。

「幸せになりたい」という思いは、生きている人間は全て同じです。

「不幸になりたい」と願っている人は、まずいないでしょう。

では、幸せになるためにはどうすればいいのでしょうか?

幸せを感じる時間を増やす

人生の中の過ごす時間の中で、「幸せだ」と感じられる時間がどれくらいの割合を占めるのかによって、「自分の人生が幸せかどうか」が決まります。

これほどに単純な答えはありませんが、人生を幸せなものにしたいのなら、「幸せを感じる時間」を増やすだけです。

どんな状況であったとしても、物事には両側面あるので、幸せな方を選択することが出来ます。

生きていれば、様々なことが起こってくるものですので、悔しいこと、許せないこと、辛いことも起こります。

ですが、そこに留まり続けるかどうかは、自分で決めることが出来ます。

許さず、恨み、苦しい方を選ぶのか。

それとも、より幸せになれる選択をするのか。

幸せになれる方法はいくらでもありますので、自分が「幸せだ」と感じられることを選び、その「幸せ」を感じる時間を増やしてみましょう。

他人にかまっている暇はない

自分が幸せで在るかどうかは、自分一人で決めることが出来ます。

誰かに幸せにしてもらうことも、誰かを幸せにしてあげることも出来ません。

自分が幸せに生きて行くためには、他人にかまっている暇はないのです。

時間は命そのものですので、幸せでない時間を過ごしているのであれば、少しでも早くそこを脱出するべきです。

まずは、自分一人で幸せになり、思いっきり人生という時間を楽しみましょう。

やりたいことがあるのなら、思う存分やりましょう。

幸せにしてもらうことばかりを考えている人は相手にせず、自分も誰かに期待することはやめましょう。

あと、残りの時間でどれだけのことが体験できるのかを考え、やれることがあるのなら今すぐにやりましょう。

今この瞬間にも、貴重な人生という時間、有限な命はカウントダウンで終わりへと向かっています。

そのことに気づくことによって、これからの生き方は大きく変わっていくことでしょう。

今日が最初で最後の日

今日以外の日を過ごしている人は、どこにもいないはずです。

今日という日は、今日が初めてで、そして最後です。

どんな日でもそれは同じであって、今という瞬間も同じことです。

全てが始まりであって、終わりでもあり、それが「今」なのです。

人生は有限であり、今もその貴重な時間の中で過ごしているという意識に目覚めれば、生き方は確実に変わります。

明日は目覚めないかもしれない。

あなたは本当にそれをやりますか?

余命はあと一か月です。

あなたはこれから何をしますか?

人は、死を意識して初めて「生きる」ことが出来ます。

生まれた以上は、死ぬことだけは確定しています。

その決められたルールの中で、一体何をやっていくのか?

答えはあなただけが知っています。

それを今すぐ始めれば、本当のあなたの人生が始まります。

SNSでもご購読できます。