奇跡の物語を始めてみよう

これは、誰にでもある力を呼び覚ますためのもの。

求めるのではなく、欲しがるのでもなく、心で願いながら、与えていくことによって、自分だけの奇跡の物語が始まっていく。

その世界は、これまでとは全く違い、全てが光り輝いて見えることだろう。

苦しいかもしれない、辛いかもしれない、寂しいかもしれない。

でも、まだ「生きている」のだ。

心の中での対話は、いつも「本当にそうなのか?それでいいのか?」という疑問符で終わる。

生きている間、この与えられた貴重な生命を、何のために使うのだろうか。

人生で何がしたいのか

自分が生きていられる間に、自分が何がしたいのか。

「特にない」と答えるか、既にやりたいことは済ませているのかのどちらかだ。

そうこうしているうちに、残りの人生はどんどん短くなっていく。

それは、この世に誕生した瞬間から与えられた、この世界の変えられないルールだ。

目の前の、「今」という刹那の瞬間は、二度と戻ってくることなく、絶えずそこに「今」があり続ける。

議論したければすればいいし、悩みたければ悩めばいい。

考えていたいのなら、ずっと考えていればいい。

結局のところ、何もしないでいるのは、そうしていたい理由があり、それは「やりたくない」ことなのか、単純に疲れているからだと思われる。

そんな時は、無理に何かをしようとはせず、体を休めるべき時だろう。

自分を愛せ

人の生き方に、良い悪いはない。

ただ、どれを選ぶかだけによって決まる。

他人を裁く必要はなく、それと同時に自分を裁く必要もない。

それぞれの生き方があり、それで十分に人生は楽しくなる。

もっと自分を愛せ。

自分の人生を愛し、思う存分に遊び尽くせ。

誰かに何かを言われようとも、それは嫉妬や比較でしかなく、それを発する人こそが、自分の人生を愛せていないだけだ。

そんなことは気にする必要はない。

人生を面白く、楽しく、これまでに感じたことのない奇跡の出来事を感じたければ、自分の道を愛していくことだ。

それでいいんだ

自分で決め、自分で受け取り、自分の道を歩いていく。

「孤独」という幻想に惑わされるかもしれないが、怖れる必要はない。

「孤」になって、一人で歩くことが、「孤独」からの解放だ。

誰もがそうやって、自分の道を歩き、自分の道を愛することによって、共同体意識が生まれ、孤独ではなくなっていくのだ。

一人になることを怖れて、欲しがり求め続ければ、孤独感は増していき、より孤独になっていくだろう。

一人でいいのだ。

孤独でいいのだ。

人はもともと、一人で生まれて、一人で滅んでいくもの。

だが、そこには「愛」という絆で結ばれた人たちに、囲まれた情景がある。

それでも、この「愛」がどれだけ深かろうとも、人は共に同じ道を歩むことは出来ない。

ともに生まれて、ともに死ぬことはできないのだ。

これは、冷徹な意見ではなく、「孤独」を受け容れることによって、人の温かみを感じ、ありがたさを知り、「愛」の存在に気づくために、大切な孤立であって、それを「自立」と呼ぶ。

奇跡の物語を始める

ここからは、自分で自分の物語を創造していく手順だ。

全ては、小さな一点の光から始まる。

それは、宇宙の誕生と言われる「ビッグバン」と同じ、心の中にある宇宙の中心から爆発だ。

その中心にあるものが「愛」と言われる無限に湧き出るエネルギーの源泉。

与えよ。

差し出せ。

源泉から湧き出る力を感じ取り、それを形として、動きとして現わせ。

やることはそれだけで十分であり、そこから奇跡は始まる。

「愛」で満たし、溢れた「愛」を分け与えよ。

そうすれば、思い描いた物語が目の前で繰り広げられていく。

奇跡を起こすことは、とても簡単なことだ。

持っているものを与え、見返りを求めるな。

それは、どんな小さなものでも構わない。

他者が決めた価値、外側で決定される価値は関係ない。

差し出す形が「愛」であるならば、何でも構わない。

思い当たることは、必ずあるはずだ。

答えはもう、自分の中で決定されている。

それを与えれば、小さな奇跡が起こり始める。

そして、そこから先の未来は、驚くような奇跡の連続となるだろう。

「今」この瞬間から、あなたの奇跡の物語は始まった。

SNSでもご購読できます。