楽に生きるために自分だけの物語を創ろう

苦しくなってはいませんか?

考え過ぎてしまい、「もっと楽に生きれたら」と悩んではいませんか?

それは、性格ではないのです。

全て、自分の物語は自分で創ってしまえばいいのです。

「考えすぎてしまう」「そんな自分が好きではない」そうやって、さらに自分を責めて、落ち込んだりもするかもしれません。

「自分が変われば」などといった言葉に出会っても、それがさらに自分を苦しめることにもなってしまいかねません。

それらのまわりにある「意見」や「アドバイス」は一旦は置いておきましょう。

気楽に生きてみよう

「気楽に生きろ」と言われても、それが出来ないから悩むのだとおも思われるでしょう。

しかし、その悩む行為を止めることが出来るのは、自分だけです。

気楽に考えられない、身軽になれない理由は、「誰かの期待に応えよう」「認めてもらおう」と思っているからではないでしょうか。

自分の人生において、他人の期待に応える必要はありません。

他人に認めてもらう必要もありません。

自分の価値は自分で決めなければ、他人の人生を生き続けることになります。

それはもうしなくてもいいのです。

これで、少しは身軽になったのではないでしょうか?

誰かが嫌な顔をしてしまったとしても、それは自分のせいではありません。

ただ、その人が自分で不機嫌な種を創り出し、感じているだけです。

自分と他人とは、別の人間なのですから、誰かの機嫌や気分など、自分には一切関係のないことなのです。

物語を創っていく

自分の世界観は、全て自分で創り上げているものです。

そして、過去の記憶と、これからの未来で起こることは全て、自分で物語を決められることです。

楽しいこと、嬉しいことばかりを経験してきて、この先では沢山の幸せな出来事が起こると想像し、そのストーリーを創ってみましょう。

それが、実際の出来事として、自分の人生となっていきます。

これからやりたいこと、行きたい場所、なりたい自分をイメージし、自由に創っていくのです。

あとは、その物語を、映画のように楽しんで体験していくのみです。

自分の中で創られた物語は、その通りに現実が流れていくものです。

生きたいように生きていく

自分の創った物語を、そのまま体験しているのだと知ってしまえば、可能性は自由で無限だと気づきます。

あとは、好きなように思い描き、生きたいように生きて行くだけです。

何も怖いものなどありません。

社会の中や、小さな人間関係で、力というもので都合よく動かそうとする人たちもいますが、それらはほんの小さな影響力しか持たず、人生を動かすほどに力などありません。

全ての権限は、あなたの中に存在し、あなたが創った物語にしかなりません。

生きたいように生きても、何も問題はないのです。

創られた物語がある以上は、そのようにしかならないために、誰も自分の邪魔は出来ないのです。

他人をコントロールして、支配しようとしている人たちは、その小さな世界での物語に一喜一憂しているに過ぎません。

もっと壮大なストーリーを展開し、自分だけの物語を大きく広げてしまえば、全ての夢は実現可能になります。

夢をイメージとして膨らませてみましょう。

これほどに楽しいことはありません。

その思い描いた未来の物語を、自分の人生をかけて楽しんでいきましょう。

SNSでもご購読できます。