ありのままで生きなさい

あなたがもし、何かに苦しみ、辛さを感じているのであれば、それはとても不幸なことです。

本当は、辛いことも苦しいことも、この世には存在していません。

あなたはただ、ありのままに生きることが出来れば、全ては終わり、全てが始まります。

あなたを制限し、それが出来ないようにしているのは、あなたの身近にいる誰かですか?

それは本当ですか?

あなたを苦しめているのは、あなたを取り巻く誰かでしょうか?

他者との関係性

誰かに何かを強いられているのだとすれば、そこからは離れるタイミングです。

他人との関係性は、あなたとあなたの関係性そのものです。

周りからされることは全て、あなたが誰かにしていることであり、あなたがあなたにしていることでもあります。

あなたの中に、「もっと頑張らなければいけない」「耐えるべきだ」「逃げてはいけない」というもう一人のあなたがいれば、それと全く同じことを周囲からされます。

頑張らなければいけないのだと思い込み、ずっと頑張ることを自分に課せていれば、他人はあなたが頑張らなければいけない状況を押し付けてきます。

耐えるべきだとずっと思ってきたのなら、あなたは耐え続ける状況を続けることとなります。

逃げてはいけないと心で言い続けていれば、あなたは追い込まれてしまいます。

他人との関係性は、あなたとあなたの関係性でしかないのです。

身近にいる誰かではなく、全てあなたが一人でやっていることなのです。

してはいけないこと、しなければならないことはありません。

ある程度はモラルとしてあったとしても、そのルールを作っているのは、他でもなくあなたなのです。

あなたを苦しめているのもあなたであり、あなたを幸せにするのもあなたしかいません。

全て、あなたが決めればいいのです。

全てを許す

あなたを制限しているのは、家族でも、社会でも、その中にいるルールでもありません。

全ては、あなたがあなたに制限をかけて、そこに留まり続けるために縛り付けているにすぎないのです。

もちろん、それが楽な生き方であり、ありのままの状態なのだと認めるのであれば、それでいいのです。

ただ、それがありのままであると受け入れていれば、苦痛は感じないため、辛いのであれば、あなたがどこかで我慢をしているということ。

あなたの中のどこかに嘘があるということです。

自分の心に正直に生きて、ありのままで生きているのであれば、いつでもどこでも幸せを感じることが出来ます。

その幸せを受け取ることを許すのは、あなたにしか出来ないことです。

嫌なことはやらなくていいのです。

やりたいことをやればいいのです。

居心地のいいところに行けばいいのです。

不快なところからは逃げればいいのです。

何もかも、あなたの自由なのですから、いついかなる時も、あなたはあなたの心の声をしっかりと聞いて、それに従って生きていれば、それでいいのです。

ありのままで生きよう

あなたは食べたいものを食べ、行きたいところへ行き、やりたいことをやればいいのです。

やりたくないことは誰かに任せ、面倒なことはお願いする。

苦手なことは克服などせずに、素直に認めて助けてもらう。

してもらったことに感謝をして、自分に出来ることをやっていく。

ただそれだけのことです。

無理なこと、頑張らなければ維持できないこと、血のにじむような努力などしなくていいのです。

辛いことに耐える必要などないのです。

ありのままで生きることを怖れないで下さい。

あなたがあなたとして生きることを許可した瞬間から、あなたの中心から光が広がっていき、それは世界を輝かせてくれることでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*