限界まで悩み続けてみなさい

生きていれば、必ず何かしらの悩みを抱える時があります。

その解決策を、正解を探そうとしてしまうから、さらに悩むこととなります。

この悪循環から早く抜け出したいのであれば、まだまだ考え抜き、限界まで悩み続けることです。

一度深く考え込んでしまうと、負の連鎖が生み出されて生き、さらに頭を悩ませることとなります。

どうすればいいのか?

上手くいく方法はないのか?

そして、そういった悩む自分そのものが悩みとなり、自己嫌悪となって、深みにはまっていってしまいます。

そういった、悩む自分、考え込む自分にも嫌気がさしてきて、それも悩みとなっていき、悪循環から抜け出せなくなります。

それでも、その負の連鎖からはいつか脱出することが出来ます。

こうして、答えを探してこの記事へと辿り着いたことも、あなたの答えへと辿り着くためのもの。

好きなだけ考えてみよう

悩みたい、考えたいのであれば、好きなだけ考え抜いてみましょう。

答えを探したいのであれば、探し続けてみましょう。

それは、今はそういった時だと言うことでしかないので、そんな自分を肯定してあげて、好きなだけ悩めばいいのです。

そういった時には、「考え過ぎだよ」とか「悩む必要はない」といったアドバイスが必ず入ってきますが、それらは無視していいのです。

どれだけ言われたとしても、今は考えたいし、悩みたい。

または、一人になって塞ぎ込みたい時でしかないので、そんな自分に許可を出してあげて、ゆっくりと考えていきましょう。

否定する言葉を受け取らなくてもいいですし、自らの選択を否定する必要もありません。

今はそれでいいのですから、しっかり考えましょう。

限界まで悩むと見えてくる世界

悩み続け、考え続けていくと、必ず同じ答えへと辿り着きます。

それでも、そうして一人で考えている時には、それがわからないから悩むものなのです。

つまり、一人になりたい時であって、心と体を休めたい時でもあるのです。

そして、限界まで悩み続けて出てくる答えというのは、「考えても意味がない」ということです。

どんな悩みであっても、必ずそこに辿り着きます。

それは、いくら考えたところで変えることの出来ないこと。

また、変えることが出来ないからこそ、悩みとなるといった両側面が合わさっている出来事です。

そして、「考えても意味がい」ということは、「変えられないこと」ということであり、「受け入れるしかない」ことでもあります。

そのことを、受け入れられるないから、悩むということになります。

最後には、それを受け容れて、考えるのをやめて、再び歩き出すタイミングを待つだけとなります。

幸せな時間を増やそう

考えること、悩むことはあっても、そうやってネガティブになっている、心が弱っている自分に、自分自身が気づいてあげることが大切です。

そうした時間が長引けば長引くほど、不幸な時間を過ごし続けることとなります。

嫌なこと、不安なこと、怖れていることを考え続けることによって、幸せを感じられることなどないはずです。

「あ、今また不安になっているな」と感じたら、「疲れているのだな」と自分に気づいてあげて、幸せになれる時間を作っていきましょう。

どんなことでもいいので、小さな幸せを自分へ与えてあげて、しっかりとその幸せを感じてみましょう。

出来ることはいくらでもあります。

好きなものを食べる。

楽しいと感じることをやってみる。

綺麗だと思える景色を見る。

居心地のいい人と過ごす。

寝たいだけ寝る。

行きたいところへ行く。

幸せになれることを思い描き、今すぐに出来ることがあるのであれば、それをやってみましょう。

幸せに生きられるかどうかは、やはり自分次第です。

今は、考え込んでしまうかもしれませんが、限界まで悩み続けて、もういいかなと思えるまで考えたら、やりたいことをすぐにやってみましょう。

そこから、また新たなスタートを切ることが出来るはずです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*