生きているだけで価値がある

時代の流れによって、より自由に生きられる社会が形成されつつあります。

ただ、忘れてはいけないことが、誰もが何かをしていなければいけない、というわけではないことです。

何かをしていても、何もしていなくても、その存在としての価値は変わることなどないのです。

自分磨き、起業、フリーランス、夢を叶える。

確かにそれは、楽しいのであれば素晴らしいことです。

ただ、それを達成するから価値が上がるわけではなく、出来なければ価値が下がるわけでもありません。

人の存在価値は、ただ、そこで生きているということだけで十分な役目を果たしているのです。

好きなことをやろう

多くの情報の中で、必ずあなたを揺さぶろうとするものが現れます。

大切なことは、まわりに振り回されないことです。

AIやプログラミング、より自由な生き方など、騒がれていますが、その時が来ればそうすればいいだけのことです。

まわりが先を走っているように感じても、焦らないことです。

あなたはあなたの好きなことを、好きなペースでやっていけばいいのです。

争うのではなく、競争に巻き込まれることなく、得意なことにさらに磨きをかけて、長所を伸ばし続けましょう。

その好きなこと、得意なことに力を注ぎ続けるあなたを、いつか誰かが見つけ出してくれます。

その時に、あなたという存在が、大きく花開くのです。

アピールはしなくていい

ただ、好きなことをやり続けながら、毎日を一生懸命に生きればそれでいいのです。

誰かの真似事や、強要されることで得られる成果は、さほど大きなものとはなりません。

アピールはしなくてもいいので、ただ、淡々と得意なことだけを続けて下さい。

あなた自身が、輝ける分野を見つけ出し、そこにエネルギーを一点集中させましょう。

その輝きは、自ら何かをしなくても、徐々に世界を照らし始め、あなたの光が世界を包み込みます。

それでいいのです

あなたの心の中にある本音を、あなたがしっかりと聞いてあげて下さい。

嫌なこと、無理をしてやっていること。

苦しくなること、楽しくないこと。

そういったことはしなくてもいいし、避けていけばいいのです。

苦手はいつか自然に克服されていくものです。

苦しい思いをしてまで、出来ないことやらなくてもいいのです。

あなたはあなた。

それでいいのです。

生きていればそれでいい

人は、存在しているだけでとても大きな価値を生み出しています。

何気ない日常を送る多くの人たちがいるからこそ、経済はまわり、助けうことが出来ます。

特別な何かになろうとしたり、大きな成果を得ようとはしなくても大丈夫なのです。

当たり前のことを普通にこなし、平凡であることを続けていくことが、最も価値のあることです。

生きる価値を見出すためには、ただ「生きる」だけです。

テストの点数が0点でも100点でも、走るのが速くても遅くても。

仕事が速くても、遅刻が多くても。

運動していても昼寝をしていても。

一生懸命やっていても、サボっていても。

何がどのようになったとしても、人の価値は常に同じです。

人間は、生きているだけで素晴らしい存在であり、何もしていなくても偉大な役目を果たしているのです。

真の幸せ

幸せはどこにあるのかと、誰もが模索しながら生きていることでしょう。

真の幸せは、その生きている道そのものだということです。

毎日何かに一生懸命になり、疲れ果てて眠り。

どう生きればいいのかに悩み、少しでも豊かになろうと努力する。

それこそが、幸せな人生であるということ。

生きているからこそ、苦しみことができ、涙を流して悲しむこともある。

時には大声を出して笑い、小さなことでケンカをしたりもする。

上手くいかずに自暴自棄になることもあれば、嬉しさのあまりに飛び跳ねることもある。

それが人間というものであって、生きるということ。

そして、その生きているからこそ感じられるものが全て、「幸せ」であるということなのです。

幸せで在るかどうかは、その「既にある幸せ」に気付けるかどうかの違いだけです。

どこへ行っても、何をやっても同じです。

幸せになることよりも、「幸せで在る」ことを選択すれば、生涯幸せに生きることが出来るでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*