今ここを生きる意識

どのような精神論や心理学、哲学やスピリチュアルを学んだとしても、「今を生きる」ということ、そして「ここ」という場所を感じることへと帰還します。

出来事が起こっているのではなく、ただその現象に対して自らが意味付けをしているにすぎません。

良いことも悪いことも、正しいも間違いもありません。

全ては選択であって、今その場所で世界を創ることが可能です。

その可能性は無限大であって、自由です。

そのことに気づきさえすれば、怖いものなどありません。

忘れそうになることは誰にでもあるものですが、意識することによって立ち戻ることも出来ます。

今ここを生きるということを再認識し、豊かな人生、幸せな世界を創造できる心を持ち続けてみましょう。

選択する

今あなたが何をしているのかは、さほど関係はありません。

あなたがそれをどう意味付けするのか、どのように解釈するのかは、あなたに委ねられています。

良いことなのか悪いことなのか、正しいのか間違っているのか、幸せなのか不幸なのか。

今その場所であなたが決めることが出来ます。

失ったことへの悲しさがあるかもしれません。

しかし、それによって出来たことや、得たものが必ずあります。

エネルギーは等価交換され、対となるものは必ず同時に存在します。

その中から、あなたが何を選択するのかということだけです。

それが、世界の創造であって、あなただけの物語の始まりです。

今ここ

今、何をしていますか?

今ではない時間、ここではない場所へ何かを求めた時から、あなたは不幸を体感します。

なりたいと思っていた地位や、行きたいと願っていた場所。

例えそこに辿り着いたとしても、今ここに幸せを見出すことができないあなたがいるのならば、その場所でも再び不幸を体感します。

人生は、今という瞬間の連続で流れて行き、自らの意思とは無関係の終わる可能性もあります。

幸せを選択しないのであれば、何がどうなったとしても、どこへ行って何をしたとしても、幸せになれることはないでしょう。

今ここにある幸せを見つめて下さい。

何が起こったとしても、幸せを選択して下さい。

失ったものを見ずに、得た物を味わって下さい。

今ここにしかない幸せを、しっかりと感じ取り、どの瞬間においても幸せで在るあなたを創り上げて下さい。

幸せに満ち溢れた世界

世界には、本当は幸せも不幸せも存在しません。

ただ、あるのは自らの意識と、意味付けのみです。

それでも、人は幸せになりたいと願っています。

ここで大切なことは、「幸せになりたい」ではなく、「幸せで在る」ことを感じ取ることです。

上手くいかない、幸せになれない。

そんな風に感じてしまっているのなら、それはないものを見ている、出来ないことを追いかけているだけなのかもしれません。

朝目覚めること。

ごはんが食べられること。

眼が見えること。

歩けること。

あいさつする相手がいること。

屋根の下で眠れること。

好きな人がいること。

フラれる相手がいたこと。

別れが辛くなるほど好きになれたこと。

失うお金があったこと。

ケンカする相手がいること。

クタクタになれるほど働けること。

説教してもらえること。

日常にあること全てが、とても幸せなことです。

悲しみや苦しみは、あるように思えても、本当は存在しません。

自ら選択し、創造することによって、世界は幸せに満ち溢れていきます。

全てはあなたによって創造されるため、あなたの世界の神はあなたなのです。

幸せな世界を創造し、その中で生きるのか。

不幸な世界を創造し、その中で生きるのか。

全ては今のあなたによって決まります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*