それでいいんです

人はそもそも、その程度の生き物です。

ダメだと言われても、いけないと言われても、それらを含めてあなたという存在なのです。

だから、それでいいんです。

人が不幸になるのは、許さないこと、受け入れないこと、認めないことから始まります。

誰もが人間ですので、思い描いているような神のような存在にはなれません。

日本の正史として遺されている「古事記」を見ればわかる通り、所詮はそんなものなのだということです。

これが、日本の素晴らしさであり、神道の無言の教えでもあるのです。

無宗教であることは、決まった正解、これが正しい道というものが存在しないことを意味しています。

思ったように生きて、多くの失敗を重ねて恥をかき、上手に生きれないのが普通なのです。

信じた道があなたの道

あなたが信じたものが、あなたの真実となります。

意識が先に存在していて、その通りの現実を味わい、信じている通りの物語を、人生をかけて描きます。

上手くいくと思っていれば、それは上手くいきます。

ダメだと思っている以上は、不安は的中します。

ただ、あなたが何を信じるのかだけです。

情報弱者でもいいんです。

信じたいものを信じて、あなたの都合のいいように解釈してみて下さい。

情報弱者は、ただ色々な情報に振り回されることだけを言うのではありません。

周囲から与えられるメッセージをどのように受け取り、何を取り入れていくのかは、あなたが決めることです。

嫌な気持ちになる、不安になるような情報は信じなくていいのです。

いい気分になり、幸せな気持ちになる情報だけを信じればいいのです。

その瞬間から、あなたはあなただけの幸せな道を歩き出すことが出来ます。

あなただけの幸せを見つける

あなたが幸せそうに生きていると、必ずそれを邪魔しようとする人、僻んで不幸に引きずり込もうとする人がいます。

そういった人たちの言うことは、信じる必要はなく、話を聞く必要もありません。

どれだけ本当のように語っていたとしても、あなたが信じなければ、あなたにとっては不要な情報となります。

あなたはあなただけの幸せを見つけて、それだけを信じて下さい。

嫌な気持ちにさせる人、悪い噂を流す人たちは、いつも不幸の種を集めて、あちこちに撒いている人たちです。

その生き方そのものが、不幸なことだとは知らずに生きている人たちです。

あなたはあなたの幸せを大切にして、幸せの種を撒き続けていくのです。

その種は、いつか大きな幸せとなって、あなたの元へと戻ってきます。

それでいい

あなたが何をしても、どこへ行っても、誰といても、それが幸せだと感じられるのなら、それでいいのです。

あなたはあなたの幸せを大切にするのです。

誰に何を言われたとしても、それはあなたには無関係です。

何をされたとしても、あなたの心の幸せを奪うことは出来ません。

無駄に傷つく必要はなく、悩んだり考えたりする必要もないのです。

不幸な人生を選ぶ人はそのままにして、あなたが幸せならそれだけで十分なのです。

心の中を覗いてみて下さい。

あなたはどんな時に幸せを感じ、何をしている時が楽しいのか。

その小さな幸せを集め、ずっと大切にしていくのです。

正解はあなたの中にだけあります。

あなたが信じていることが、あなたの真実です。

それが幸せで在るのだから、それでいいのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*