あるがままに生きよ

心で感じるものを信じ、あるがままに生きることこそが、真の幸福です。

何かになったから、何かを得たからといって、永続的に幸せになれるものは、何一つとしてありません。

あなたがあなたで居られることこそが、幸せそのものなのです。

苦しく、辛い人生になってしまったのなら、それはあなたの嘘によるものです。

あるがままで生きること、あなたがあなたでいることを怖れないで下さい。

孤独を受け容れ、ありのままのあなたを許すことで、怖れは消えてなくなります。

執着は、あなたの弱さから生み出された恐怖心によって起こる、意識と行動です。

その執着が、さらなる不安と恐怖を呼び込み、幸福は遠のいていきます。

手放し、委ねることによって、あなたが解放されます。

ただ、その扉を開けることが出来るのは、あなたしかいないことを忘れないで下さい。

心の扉を解放する

苦しみから逃れられない、いつも不幸なことが起こると感じているのであれば、あなたは心を閉ざして、扉に鍵を閉めてしまったのでしょう。

ずっと心の奥底を覗いてみて下さい。

遠い昔のことかもしれません。

辿っていった先には、小さな嘘がずっと吐き出せずに眠っていたはずです。

本当はどうしたかったのか?

あなたはどうしてほしかったのか?

なぜそれが言えなかったのか?

あなたは伝えたかった、もっと心を言葉や行動で表現していきたかったのでしょう。

それを、どこかで否定された、笑われたことをきっかけに、嘘をつくことを覚えてしまったのかもしれません。

ですが、その掛け違えをそのままにして、積み重ねていくと、苦しくなることを知りました。

あなたはそのことに気づいたということは、心の扉を解放する時が来たということです。

閉ざした扉の鍵は、あなたの手の中にあります。

その扉を開けば、あなたの人生は輝き始めます。

あなたが幸福であるために

あなたの人生を幸せにすることは、あなたにしか出来ないことです。

これまで、多くのものを追いかけて、獲得し、目指してきたことでしょう。

それでも、心は満たされることなく、新たな夢へと向かって行くことでしょう。

そのプロセスも、幸せのひとつです。

しかし、一過性の幸福は、いつも掴んだと時に幻のように消えてなくなっていくことでしょう。

一時的に満たされた感覚と同時に、どこか寂しく思う不足感や虚無感も味わうことになります。

あなたが幸福であるためには、何かをするのではなく、あなたがあなたで生きることだけです。

あるがままに生きて、感じたままに表現し、思った通りに動いていくこと。

それ以外に、人間が幸せになる方法は存在しないのです。

何をすれば、何を得れば、何が出来ればではありません。

あなたが幸福であるためには、あなたが幸福であるだけです。

人生は自由なもの

社会的な規範や、常識と呼ばれるルールに似たものは、いつもあなたを惑わせようとするはずです。

「そんなことはしてはいけない」「こうするべきだ」

果たして本当にそうなのでしょうか?

真の幸福を知っている人たちは、他人へそのようなアドバイスや規制をかけることはありません。

人生は自由なものであり、幸福であるためには、あなたらしく生きることだけです。

誰に何を言われようと、あなたはあなたでしかありません。

あなたが感じたこと、思っていることが、あなたの真実なのです。

あなたの生きる領域は、誰にも侵略されることなどありません。

進む道を邪魔することも、阻害することも不可能です。

あなたがやろうと思うことを邪魔しているのも、あなたがしてしまったことを責めているのも、あなたの失敗を咎めているのも、全てあなたにしか出来ない事です。

あなたがやりたいことを応援するのも、あなたがしたことを許すのも、あなたの経験を力に変えるのも、全てあなたにしか出来ない事です。

あなたを自由にすることが出来るのもあなたです。

人生は自由であって、その可能性は無限大です。

あなたの心の扉の向こうにいる本当のあなたを、解放してあげて下さい。

その瞬間から、あなたは幸福な人となり、奇跡のような物語が始まっていきます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*