小さなことを積み重ねていく

どのようになりたいのか、という願いともに、描かなければいけないのは、今現時点で自分がどのようにありたいのかだけです。

未来を予測し、ただ妄想することが始めの段階で、そこから今へとつなげることによって、新たな行動が産み出されます。

理想を思い描くことが大切だとしても、今何をするべきなのかはさらに大切なことです。

考えることでも、語ることでもありません。

とにかく今の自分に出来ることを見つけ出して、「やってみる」ことによって道は開かれていきます。

出来ることは沢山ある

「~であったなら」「~となれば」「~でなければ」と条件が揃うのを待っているだけでは、いつまでも前に進むことはありません。

待つことがダメなわけではありませんが、待っている間には、今の自分に出来ることをこなしていきましょう。

お金がなくても、時間がなくても、車がなくても、誰もいなくても、ケガをしていても、体調を崩しても、今の自分に出来る最善の行動はあります。

条件を待つのは、言い訳にしかなりません。

それでも、条件が揃うのを待ってしまい、行動できないでいるのなら、心身ともに疲れているのだから、休むことが最善の選択となります。

どのような状態にあっても、出来ることは必ず目の前にあり、いくらでも見つけることは可能なのです。

出来ること、やれることは沢山あるので、足元をよく見渡して、やれることをやっていきましょう。

小さな行動を重ねていく

どんな状況に置かれても、その中で出来ることを見出すことが出来、それを実行し続けることが出来るのなら、それが大きな力となります。

今の自分に出来ることを選択し、行動することが最善であって、そこから道が切り開かれていきます。

小さな行動を積み重ねていきましょう。

トイレ掃除、頼まれごとの処理、整理整頓、笑顔であいさつ、困っている人を助ける、ごみを捨てる。

いくらでも見つけることが可能です。

少し暇な状態、手が空いている状態から、新たな行動が次々と生み出されていきます。

それらを見つけ出した時に、すぐに実行することによって、自分の力となり、その小さな行動の積み重ねが、やがて大きな力となっていくのです。

バランスをとりながら進む

小さな行動を積み重ねていくことは大切ですが、だからといって頑張り過ぎはよくありません。

大切なことは、行動と休息のバランスです。

疲れた時にすぐに休むことも、最善の選択であり、素直な行動です。

しっかりと休んで心身ともに回復したら、再び躍動的に行動していけばいいのです。

動くべきタイミングと、休むべきタイミングをしっかりと見極めていき、波に乗るように、流れに従うように進んでみましょう。

日常の中で積み重ねている習慣が、とても大きな力を発揮していき、それが人生となっていきます。

出来ないことがあったとしても、それを気にする必要はありません。

誰かと比較したり、他人の意見などは気にしなくても大丈夫です。

今の自分に出来ることに全力を尽くし、最善の選択と行動を積み重ねていけば、やがてあなたの人生は輝き始めていくことでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*