悩みを一瞬で解決してしまう方法

悩みや問題を解決するには、何かのアクションや対策が必要だと思いがちです。

しかし、そうしたリアクションがさらに問題を悪化させたり、その反動で逆の現象が起こったりもします。

何かがおかしいと感じた時には、行動や行為によって解決しようとするのではなく、意識へのアプローチによって悩みや問題は消え去ります。

現実は意識によって創り出されているにすぎません。

同じ現象が起こっても、多種多様な解釈があり、それによって着地するポイントが違います。

また、それに対して対策を講じることが社会の常識とされていますが、事後の対策はさらに問題を悪化させるのみで、無意味な行為となります。

それが起こったことは、ごく自然なことであり、それ以上でもそれ以下でもないと受け取る意識が必要です。

問題は発生していない

何かが起こった、問題が発生した、悩みを抱えてしまったという時に、どうしても何かのアクションを起こそうとしてしまいます。

しかし、それは問題をさらに大きく広げてしまうことへと発展します。

起こったことを思い出し、鮮明に受け取り、あるがままをしっかりと見据えてみて下さい。

そこには、単なる自然現象があるだけであって、ごく当たり前のことが起こっただけにすぎないはずです。

そこに何かの意味付けをし、ありもしない妄想を膨らませて、事態に備えようとすることが、さらに別の問題を引き起こす要因となります。

何も起こってはいませんし、ただそうなっただけに過ぎません。

それはそういうことであり、そうなっただけのことだということをしっかりと受け入れることで、問題ではないことに気づけます。

意識へのアプローチ

何かの問題や悩みを抱えてしまったり、トラブルに巻き込まれたと思い込んでいる時には、それに対して感じていることだけにフォーカスして下さい。

何か特別な対策やアクションを起こすのではなく、意識の中へ、あなたの内面へとアプローチして下さい。

何を思い、どのように感じたのかに集中します。

何をするのかではなく、ただ感じてみることです。

無駄に悩まなくて済む意識へのアプローチ方法

その次に、なぜそのように感じてしまうのか?そう思ってしまうのかをよく観察してみて下さい。

他人や環境、起こった現象だけに囚われるのではなく、自分自身の意識の中を覗き込むのです。

その中にあなただけの答えがあり、それを受け取ることによって、それまでに胸で抱えていた問題や悩みは静かに消え去っていきます。

何もしなくても大丈夫

何かが起こった時に、何かをしようとすることが最も危険なことです。

起こる現象に対して振り回され続け、問題を次から次へと自分で発生させてしまいます。

ただ、観察することだけに意識を向けていれば、悩むことはなくなります。

今目の前にあること、実際に起こったこと、それによって得られた結果。

複雑にしてしまっているのは自分の意識によるものであって、本当はとても単純なことしか起こっていません。

何もしなくても大丈夫なのです。

疲れたら休んで、お腹が空いたら食べて、眠くなったら寝る。

雨が降れば傘をさし、寒くなれば暖かいところへ行く。

暑くなったら服を脱いで、のどが乾いたら水を飲む。

ただそれだけのことしかありません。

アクションによって変えられるものはなく、全て意識へのアプローチによって変化します。

起こる出来事を、何一つとして変える力はありません。

自分自身の肉体ですら、意識の外側にあるものです。

操作できるものはすべて、意識の中、心の中にあり、その中に広がる世界では自由に物事を動かすことが出来、それが外側の世界へと展開されます。

特別な何かをする必要はなく、そのままで大丈夫ですので、心を水のように変化させましょう。

全ての悩みや問題を解消し、自分自身を苦しみから解放させてあげられるのは、心の中にいる自分だけなのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*