感情を整理していく

私たち人間は、様々な感情を持っています。

その感情をただ外側へと吐き出し続けている以上は、苦しいだけで上手くはいかないでしょう。

感情を上手く整理することによって、自分を自在に操ることができ、自分をコントロールすることは、人生そのものを自在に操れることを意味します。

感情のコントロールは、生きることそのものとも言えることで、自分の生きる道を操作することと直結しているとも言えます。

感情は吐き出したところで、ただ自分の元へと同じものが返ってくるだけで、何も生み出すことはありません。

同じことの繰り返しで在り、生産的な生き方とは言えません。

上手くいかなくなることは、人間関係によるものであり、そこで起こるトラブルに起因することは、感情のコントロールのみです。

ただ感じるだけでいい

感情を上手く操作するためには、まず吐き出さないことが第一条件です。

ここからは、自分自身が苦しくならないように、我慢はしないこと。

人間である以上は、ある一定の感情の波があることは当たり前です。

吐き出さない=我慢ではなく、吐き出す=我慢できないというわけでもありません。

ここが難しいところなのですが、大切なことは、相手にその感情を向けない、出さないということ。

そして、あなたは心の中でその湧き上がる感情を感じることだけに徹します。

(私は今、強い怒りを感じているな)

(私は今、何とも言えない不安感に襲われているな)

(私は今、見えない何かに怯えているな)

(私は今、心が安堵しているな)

(私は今、心が躍るような気持ちになっているな)

こういった感情が自分の中にあることを認め、あなた自身がそのまま受け取って下さい。

それだけで十分です。

しっかりと感情を感じ切ったら、不要になった感情は消え去っていきます。

それと同時に、相手に感じていたことも嘘のように消え去ります。

相手の行動や言動は自分自身には無関係であり、ただその出来事をそう感じている自分がそこにいるだけです。

自分をよく観察する

感情を感じ切ったら、自分の中にある感情の波はおだやかになります。

少し冷静になったら、今度は自分自身のことをよく観察してみましょう。

なぜそのように感じたのか?

何をするとそう感じてしまうのか?

自分自身を見つめ直していくと、必ずそこに答えがあります。

相手を通して、自分を観察することで、感情のコントロールは上手くなります。

感情を抑え込むのではなく、我慢するのでもなく、吐き出さずに感じて、その自分を観察すれば、おのずと理解出来ていきます。

感情の波には、必ず自分だけのパターンがあり、そこから軌道修正していく道筋が見えてくるはずです。

本来、他人とは自分の人生には無関係であり、自分を律する、整えるための存在として、コミュニケーションを図っています。

どちらが正しいのかを考えたり、議論したりするよりも、感じることの大切さ、自分を観察することの意味を理解したほうが、より良い人生へとシフト出来ます。

ひとつずつ解決していく

自分の感情のパターンを知り、理解を深めていけば、何をどうすればいいのかという道筋は見えてきます。

どのような時に何を感じているのかをじっくりと分析してみて下さい。

何をした時に、どういった反応をしているのかを知って下さい。

そして、そこに置き去りにされてしまっている心、吐き出せずにしまい込んだままになっている感情を思い出し、ひとつずつ解決してみましょう。

どこかで自分に嘘をつき、感情に蓋をしてしまったことで、歯車が狂っていくことが多々あります。

それが、インナーチャイルドと呼ばれる、心の中で眠っているもう一人の自分です。

そのインナーチャイルドは、歩んできた道によって、どれくらいいるのかはわかりません。

ただ、そこで待っている小さな自分を救い出せるのは、自分だけです。

実際に他人との間で何かをする必要はなく、全て心の中で行う作業です。

「あの時は本当はこう感じていた」

そういった置き去りになった感情をひとつずつ受け入れてあげましょう。

感情に支配されないために

どこかで置き去りになった感情が残されたままだと、必ずその小さなズレが大きくなっていき、人生そのものに歪みが生じます。

感情に支配されないためには、吐き出すでもなく、我慢するのでもなく、心のなかでしっかりと感じて、素直に受け取っていくこと。

そういった感情の受け取りを、リアルタイムでどの瞬間にも嘘をつかずに行っていくことです。

支配されまいと我慢をすればするほど、感情に支配されてしまって、どこかで爆発します。

感情に支配されずに、上手くコントロールするには、しっかりと感じて、心を解放し続けていくことです。

何もしていなくても、心の中にある波動は必ず相手へと伝わっていきますので、感じるだけでいいのです。

最後に

意識は習慣となり、習慣は人生となります。

意識とは、心の中にある感情そのものが源となっています。

どのように在りたいのかは、どのように生きたいのかということそのものです。

人は誰しも、素直に真っ直ぐに生きたいものであり、愛を感じて生きるものです。

ストレスとなるのは、素直であることが認められないことであり、愛を否定されることです。

心で感じているものを拒絶し、我慢し、感情に蓋をすれば、必ず苦しい生き方となります。

心に従い、素直に真っ直ぐに生きることこそが、人生を素晴らしいものにします。

あなたが感じていることは、正しいものです。

そのあなたの感情を認めてあげて、湧き上がる感情は当たり前のものとして許してあげるだけで、心は穏やかになっていきます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*