在るものに焦点を合わせる

生きている世界は、全て意識によって創られているものです。

他の誰かや、環境による影響を受けているのではありません。

心の中にある意識というものが、外側へと反映されていき、それを見て感じているだけなのです。

今がとても苦しくて辛いと感じるのであれば、その原因を外側に探さないことです。

いくら探したところで、外側に原因は見つかりません。

全て、自分の中にあるものです。

そして、それが世界へと投影されていき、鏡のように映った自分の心が自分を苦しめているのです。

不足はありません

あなたの周りにいる人たちは、全てあなたが創り出した人たちです。

今いる環境も、あなたが産み出しているものです。

それをいくら変えたところで、同じことが繰り返されていきます。

不足はないことに気づいて下さい。

出来ていないところ、至らないところに目を向けているのは、自分自身です。

今が100%であり、何の問題もありません。

不足を見てしまうのは、比較対象が別のところにあるからです。

その対象は、自分の理想とするもののはずです。

今感じている世界が、今のあなたに最適で最善の世界なのですから、そこにしっかりと満足することです。

心を満たす

不足を感じないようにするには、自分の心を満たすしかありません。

常に最善の状態で、100%の状態が続く世界で、不足するものがあるはずがありません。

全てがエネルギーの循環で出来上がっているだけですので、今が満たされた状態です。

そこから溢れ出ていくものは、それ以上には持てないエネルギーです。

心を満たすために必要は作業は、在るものに気づくだけです。

ないものに焦点をあてると、永久にないものを追いかける苦しい生き方となります。

在るものに気づく生き方は、常に満たされた世界を体感し続けます。

既に満たされていることに気づくためには、外側を見るのではなく、内側をよく見ることです。

循環しているだけ

現実と呼ばれるこの物質世界では、常にエネルギーが循環し続けているに過ぎません。

常に内側は満たされた状態が続き、持ちきれなくなった力は出て行くだけです。

置換できるエネルギーには限界があり、それがただ循環しているだけなのです。

失うものや、ないものはありません。

いらなくなったものを手放して、放出してしまえば、再び新たなエネルギーが舞い込みます。

流れと循環によって成り立つ世界で、常に最善で満ち足りた状態にあり続けます。

この瞬間から創造される

世界は意識によって創られています。

外側にそれがあるから、そうなっているからあなたがそう感じるのではありません。

あなたが選択したこと、決めたことがそのまま現実として現れているだけです。

過去も未来も存在しません。

全ては今、この瞬間に創造され続けています。

そこで、自分自身が「足りない世界」を創造するのか、「満ち足りた世界」を創造するのかは、意識によって決まります。

世界はどの瞬間にも創造され続けているものですので、今この瞬間にも自由に創り上げ、変えていき、広げていくことは可能なのです。

そうだと感じ、そうだと思えば、それが自分の真実となるのです。

満ち足りた世界

苦しい、辛いと感じているのなら、その世界から脱出するしかありません。

「不足している世界」と「満ち足りた世界」は常に同時に存在しています。

「恋人と別れて一人で孤独になった世界」と「恋人との縁が切れて自由な時間が増えた世界」は同時に存在しています。

そして、自分自身が生きる世界は、その選択と決定によるものでしかありません。

どんな世界でも創造することが可能です。

「苦労しなければ達成できない」と思っている人は、その通りの道を歩きます。

「楽に生きることはできる」と思っている人は、その通りの道を歩きます。

世界とは、宇宙とは、意識によって選択できるものです。

先に自分の思い込みがあって、それが創造です。

そして、外側で起こる現象に対して、自分なりの答えを後付けし、それに見合った証拠をただ集めているだけです。

本当は、どちらも同時に存在しているのですから、どちらを選択するのかということだけです。

不足の世界から脱出し、満ち足りた世界を創造したいのなら、あなたがあなたを満たすことです。

いくら思考を使っても、三次元の世界を変えようとエネルギーを使っても、何も起こりません。

外側で起こる現象を観察して、そこから創造したい世界を意識の中で操作するだけです。

満ち足りた世界は、いつでもどこでも創り上げることが可能です。

世界は意識で創られています。

在るものに焦点を当てていくことで、あなたは満たされて生き、満たされた世界がそこから展開されていきます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*