それをしなくてもいい

それはあなたがやらなくてもいいのです。

不平不満を言い続ける人は、幸せになることは出来ません。

だからと言って、我慢をしなさい、耐えなさいと言っているわけではありません。

嫌なこと、疲れること、辛いこと、苦しいことはやらなくてもいいのです。

いつの頃からか、耐えなければいけない、頑張るべき、不満を言うなという価値観を持つようになりました。

まだ、それだけを信じて生きることを選んでいるかもしれません。

それなら、自分自身に問いただしてみて下さい。

一体、何がどうなれば幸せなのですか?

永久に終わりのないように思える道を、どのように受け入れていき、どう在るべきで、何が幸せなことなのかをあなたが決めるしかありません。

愚痴は大切なサイン

不平不満を言うこと、愚痴ばかりをこぼすことは、不幸な人生そのものです。

しかし、我慢をして耐えろということではありません。

愚痴が出始めたら、それは大切なサインであると認識して下さい。

ストレスになるくらいならやめることです。

別の楽しいことへと意識を向けて、他のことをやってみるタイミングです。

嫌な気持ちになるのは、人間なのですから当たり前のことです。

それ自体がダメなことではなく、そういった気持ちになり、不満が現れてきたら、そのことにいち早く気づいて、心と体を休ませなければいけません。

愚痴はとても大切なサインです。

自分の中から湧いてくる嫌な感情は、我慢をして蓋をするのではなく、しっかりと感じてあげて、受け止めてあげること。

それが出来たら、次は違う方向へと気持ちを切り替えていくことです。

どんなことにおいても、楽しくなくなったら危険信号です。

楽しいほうへ行こう

我慢は人の心を破壊します。

耐えることによって強くなることはなく、むしろ疲弊するばかりです。

気合や根性によって精神が鍛えられると思いがちですが、ただ命をすり減らしているに過ぎません。

私たちに与えられた命は限られているものであって、人生は時間で出来ているのですから、時間は命そのものです。

苦しいことに耐えるくらいなら、すぐそこにある楽しいことへシフトしたほうが、より幸せに生きられるというものです。

そんなことはしなくても、いくらでも楽しく過ごす方法はあるのですから、頑張らないことです。

嫌なことがあるのなら、それはもうやめてもいいのです。

やらなければいけないと思っているのは、あなただけなのですから、あなたがあなたを解放すればそれでいいのです。

面白くもないこと、ただ辛いだけのことはやめてしまって、楽しい方へと進みましょう。

それはもうやめましょう

これまで、頑張り続けたことによって、疲れ切ってしまったことでしょう。

それはもう、やめてもいいのです。

他の誰かがやってくれますし、誰もやらなかったからと言って、何か問題があるわけではありません。

あれもこれもと完璧にこなそうとすれば、やることばかりが増えていきます。

他の人たちがやっているから?

それが当たり前だから?

その常識は、いくらでも破ってもいいのです。

世間はいつも同じルールの中で、統一したがるものですが、あなたのルールはあなたが作ればいいのです。

あなたはそうかもしれないけど、私はそれはやらないよ。

それを誰も変えることは出来ないのですから、あなたはあなたでいいのです。

そんなことはしなくても十分に幸せに生きることは出来ますし、命が取られるわけでもありません。

他人の目を気にしたり、ありえない妄想にかられて恐怖しないで下さい。

めんどくさいことはやめて、楽しいことだけで生きていればいいのです。

頑張っていること、努力していること、必死になっていることがあるのなら、それはやめてしまいましょう。

楽しいと思えることは、人はいくらでも出来るものであって、それが他人から見れば「頑張っている」「努力している」と見えているだけです。

あなたは楽しくないことをやめて、やりたいこと、楽しいこと、いつまでもそうしていられることだけに浸っていれば、それでいいのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*