自分の心に正直に生きてみよう

いつでも自分の心に正直に生きていれば、何も問題はありません。

上手くいかない時には、何かが間違っているということです。

心の状態をしっかりと観察して、楽しいと感じられる時間を過ごしましょう。

自分の心に背いて生きていると、必ずどこかで苦しくなっていきます。

何があったとしても、素直であることが一番です。

心を感じよう

自分の本音を知るためには、感じることを疎かにしないことです。

心が躍ること、喜ぶ場所を知り、そこに眠っている本音に気づいてあげて下さい。

心と体はいつでも正直なものです。

心が喜ぶことを知るためには、いくつかのヒントがあります。

時間の経過が速く、いつも物足りないと感じる。

何も考えることなく、夢中になっていられる。

他に誰もいなくても、いくらでもそうしていられる。

場所、行動、人、モノなど様々な対象物がありますが、それをしていると、そこにいると心地がいいと感じられるかどうかです。

それが、あなたの本音だということです。

頭で考えなくていい

思考を使うと、何が正しいことなのかばかりを考えてしまいます。

「しなければいけない」

「やるべき」

それでも、心と体は一致しないことがありますし、いくら頑張ったところで、必ず限界を迎えてしまいます。

正しさを頭で考えないで下さい。

心が何を感じているのか?

そして、いつも無意識にどんな行動をとっているのか?

自分自身をよく観察してみて、心の本音に気づくことです。

思っている以上に、思考と感覚は違っていることが多々あります。

頭ではわかっていても、そうならない、できない。

そういった場合には、実際にとっている行動が正直なものです。

ありのままで生きる

他人のことや、正しそうな答えをあまり深く考えないで下さい。

ありのままそのままでいいので、何かを変えようとはしないで下さい。

好きなように生きて、感覚に従って行動していれば、必ず上手くいくようになります。

正しいかどうかではなく、心が喜ぶかどうかです。

いいと言われるアドバイスではなく、やりたいことをやればいいのです。

他人を喜ばせることも大切ですが、まずはその前に自分自身です。

自分の心が喜ぶことを、自らしてみましょう。

あなたを幸せに出来るのは、あなただけです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*