何もしないで生きてみよう

人生の真理は、何もしなくても大丈夫ということです。

ただ、受け入れていくだけで、全ては上手くいきます。

あなたはただ、そこに生きているだけで、願っている世界へと導かれていきます。

どうにかしようとすればするほど、現実は苦しいものとなります。

最後の答えは、「何もしなくていい」ということです。

勝手に動き出す

何もしないでいると、現実は勝手に自然な流れに沿って動き始めます。

それは、あなたを取り巻く他人はもちろん、あなた自身も含まれます。

何も考えずに、ただそこに生きていれば、あなたの体も勝手に動き出します。

その流れに沿うことが、全てが上手くいく生き方です。

無価値感を脱ぎ捨てよう!

何もしなくていいのです。

上手くいかずに、苦しんだり悩んだりしてしまう現実を体感するのは、何かをしようとしている、変えようとしているあなたの心がそれを生み出しています。

何もしなければ、なるようになっていきます。

受け入れて行こう

現実は、心がそのまま創造していきます。

嫌な現実を感じる時には、あなたが不機嫌であったり、心が疲れている状態にあります。

楽しい現実を感じる時には、あなたがご機嫌であり、心が喜んでいる状態にあります。

ただ、人はそれを現実という幻を通してみているだけです。

他人のせい、環境のせいだと思い、それをどうにかしようとするとあながた苦しむこととなります。

やることは、ただ生きて、受け入れることだけです。

現実を受け入れて、「今はそうなのだ」と許容していくことだけです。

嫌なことが続くのなら、少し休んでみて、楽しい現実を体感できるように、心を休めていくだけです。

現実は、あなたの心そのものなのだということを、まず受け入れてみましょう。

何も考えずに何もせずに生きていよう

考えることが、賢い生き方のように感じることもあります。

しかし、過剰な知識や情報は、あなたに恐怖心を芽生えさせてしまい、不安や恐怖で行動できなくさせてしまうだけです。

先のことなど考える必要はありません。

過去のことなど思い出す意味もありません。

何も考えず、何もしないで生きてみましょう。

ただ、今目の前にある現実を楽しみ、いつもご機嫌でいられるように生きるだけです。

好きなことだけで生きていよう

何がどうであったとしても、何とかなるものです。

未来を不安に思ったり、過去のことを後悔ばかりしている人生は、不幸そのものです。

バカと呼ばれる人ほど幸せであり、ポンコツなほど楽な生き方はありません。

単純になって、今をただのんびりと生きていれば、何もかもあなたの思った通りの現実を体感できます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*