恐怖や不安はどこから来る?妄想の正体とは?

行動できないでいるのなら、そこには何かに怖れている自分がいるはずです。

まだわからないことを予測し、「もしこうなったら」と不安にさせられます。

それは、一体どこから来るものなのでしょうか?

人から勇気を奪っていく妄想の正体に気づけば、何も怖れることはなくなるでしょう。

不安に思うことがあると、自分の思った通りに行動できなくなり、自信を奪われていきます。

自信のない行動や、恐怖心を抱えたままでやっていくことは、不安に思っている通りの現実を体感することとなります。

大切なことは、怖れている自分に気づくことです。

そして、その自分の中にある恐怖心を認めてあげれば、自然と妄想は消え去っていきます。

外部の情報に踊らされている

怖れや不安のキッカケとなるのは、外側から入ってくる情報に振り回されることから始まります。

自分の意思と行動に誇りを持ち、それが正しいのだと思い込めば、自信を奪われることはなくなります。

世の中に流れている情報は、不安や恐怖を与えられてしまうだけです。

大切なことは、自分の意思をしっかりと持っておき、騙されないことです。

ですが、それを受け取って信じ込んでいることも、自分であることに気づかなければいけません。

恐怖や不安は、外からの情報をキッカケに、自分の中から生み出され、肥大化していくものなのです。

恐怖はただの妄想です

不安や恐怖は、外側からの情報をキッカケに、自分の中に埋め込まれます。

それが根付いてしまうことで、何にでも怖れてしまう心が出来上がってしまうのです。

「そんなことをしてはいけない」

「あぶないからダメ」

そんな言葉をかけられ続けると、何も出来なくなる人間が出来上がってしまうのは当然のことです。

恐怖心というのは、自分の中から生み出されてくるものであって、実際には存在しない妄想でしかありません。

それでも、実際に怖い体験をすることもあるかもしれませんが、それは、心の中にある怖れが引き起こした出来事にすぎません。

本当はそんなことは起こることはありませんし、たとえそうなったとしても大した問題ではありません。

それをいけないことだと認識し、大きくしてしまっているのは自分なのです。

怖れていることは、全て妄想だと気づいて下さい。

まだ起こってもいないことを創り出しているだけだと認識して下さい。

妄想は、実際にその出来事を呼び込むだけですので、頭の中で思い描く恐れや不安に打ち勝って下さい。

自信を取り戻そう

なかなか理解するには難しいかもしれませんが、怖れと不安は間違いなく妄想です。

なったらなった時だと腹をくくれば、何も起こらなくなります。

自信を取り戻す唯一の方法は、自分の中にある恐怖心、妄想を消すことだけです。

もう一度、自分の人生を生きて行くために必要なことは、それだけです。

辛い出来事があり、怖い思いをしたことで、臆病になってしまうこともあります。

ですが、自信を持っていれば、同じことは起こりません。

不安になっていれば、それに見合った失敗を招きます。

自分は大丈夫なのだと、自分を信じて下さい。

全てを愛していこう

不安や恐怖は妄想です。

妄想の正体は、自分の中にある自信のなさです。

この自信を取り戻すために必要なことは、自分を愛し、全てを愛することからです。

もっと自分を大切にして、愛してあげて下さい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*