妄想している自分に気づこう!

何かに妄想して怖れていると、それが大きなトラブルや事故につながることがあります。

未然に防ぐためには、そんな自分に気づいてあげて、休ませることです。

まず、自分の中にある不安や恐怖に気づくことが、重要なポイントとなります。

人間は、何かが起こってからそれに対して対策をとろうとします。

ですが、根本的な解決をしなければ、何度でも同じことが繰り返されます。

出来事のキッカケは、心の中にある不安や恐怖心ですので、それを持ち続けている自分に気づくことが大切になります。

怒りの感情は怖れから生まれる

自分でも他人でも、怒りの感情が生まれ始めたら、そのもっと奥底に眠る自分の本音を探してみて下さい。

一体何に怒っていて、何に怖れているのでしょうか。

この時に、感情を誰かにぶつけて吐き出すと、解決には至りません。

大切なことは、自分を知ることです。

感情的になってしまったことの先にある本音は、一体何なのでしょうか?

心の声をしっかりと聞いてあげて、自分で受け止めてあげれば、怒りの感情はおさまっていき、怖れや不安も消えていきます。

気づくだけで大丈夫

怒りの感情を外側へと吐き出すと、さらに怒りは暴走し始めます。

それを繰り返していると、自分の本音に気づけなくなってしまいます。

恐怖心は、気づくだけで消すことができます。

言葉や行動にしなくても、心の中でできることです。

(私は今、怒りを感じているな)

(私は今、何かに怖れているな)

それをただ認めてあげて、受け入れてあげるのです。

それを認めることなく、強がってしまうと、何度でも恐怖が追いかけてきます。

本当の自分を置き去りにせず、きちんと気づいてあげて下さい。

そして、そんな弱い自分を認めて、受け入れて、抱きしめてあげるだけで、心は楽になっていき、妄想は消え去っていきます。

自分を愛してあげて下さい

妄想が止まらなくなり、恐怖に怯えて生きているのなら、どこかで置き去りにしている感情があるはずです。

心の奥底をずっと覗いてみて下さい。

自分の中で、どこかでうずくまって泣いている自分がいませんか?

そんな小さな自分を迎えにいってあげて、抱きしめてあげるのは、自分しかいません。

弱い自分、小さな自分を愛してあげるのです。

人間なのですから、弱くて当たり前、出来なくても仕方のないことです。

本当に強い人というのは、弱さを認めることが出来る人です。

無理をして、頑張って、強くなろうとしている人ほど、心の弱い人です。

強さとは、弱さを認めることができ、優しい愛のある人です。

ダメな自分を愛してあげて下さい。

弱いところも愛してあげて下さい。

全てを許し、全てを認め、全てを愛することで、怖れや不安は消えていくものです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*