妄想が止まらない時の対処法!不安や恐怖を打ち消そう!

心の中で大きくなっていく不安や恐怖は妄想です。

まだ起こってもいないを過剰に考えすぎたり、実際には起こっていないことを生み出して怖れてしまいます。

今、目の前にあるものが一致しなくなるのは、この妄想によって意識がかき乱されている状態です。

妄想は、一度始まってしまうと中々抜け出すことが出来ません。

大切なことは、怖れや不安はただの妄想であって、その状態になっていることに自分がすぐに気づけるかどうかです。

妄想を止めて不安や恐怖を打ち消す方法

妄想が始まっている自分に気づいたら、実はこれは簡単に解消することが出来ます。

色々なメソッドやノウハウやワークがありますが、そんなことはしなくても解決できます。

誰にでも出来ることですので、妄想している自分に気づいたら、取り組んでみて下さい。

・寝たいだけ寝る

睡眠不足は、自律神経を乱して精神を不安定にさせます。

その状態が続くと、人格が変わり、ありえない不安や妄想に襲われて、振り回され続けることになります。

妄想してしまうことに、外的要因はあまり関係ありません。

心と体が疲れてしまうと、それだけで妄想が止まらなくなっていきます。

寝たいだけ寝て下さい。

何もかも放り出してだらけた生活してみて下さい。

とにかくひたすら寝るということが、とても効果があります。

・わがままになる

妄想が止まらない理由は、疲れていることが考えられます。

そうなってしまった時には、「疲れているな」と自分で気づいてあげて、少しわがままになってみることです。

他人のことなど考える必要はなく、自分の心を癒やすことを最優先させるのです。

嫌なことを我慢してばかりいると、心が疲れ切ってしまって、ありえない妄想が始まります。

好きなことをやって、嫌いなことを避けて下さい。

もっと自由にわがままに生きるのです。

そうすれば、妄想はいつの間にか消えてなくなってしまいます。

・外側は無視する

怖れや不安は間違いなく妄想です。

そして、外側にある世界は全て幻想です。

そこから自分へと発信されてくる情報は、受け取る必要はありません。

全てをシャットアウトして、ただ生きることだけに専念してみましょう。

外側は幻想ですので無視して下さい。

妄想に騙されないように、強い結界を張り続けましょう。

妄想を消す最も効果的な方法

怖れや不安は妄想であって、それらを打ち消す最も効果的な方法は、とにかく「寝る」ことです。

引きこもりの人口は、年々増加傾向にあり、これがダメなように言われていますが、引きこもることは自分を取り戻すのにとても効果的です。

自由気ままに生きて、寝たいだけねて、わがまま放題しているその時間から、本当の自分を取り戻すことが出来ます。

妄想を打ち消し、外側に騙されることはなくなります。

妄想している自分に気づこう!

怖れがあるのだとしたら、会社や仕事なんて休んでしまって大丈夫です。

思いっきり休んで、そこから再スタートすれば、クリアな心で生きられるようになります。

休むことが怠惰だと勘違いし、頑張ることばかりに甘えていると、自分の疲れも知らずに突き進んでしまいます。

妄想は休めの合図ですから、すぐに休みましょう。

会社を休んではいけない、迷惑がかかる、申し訳ない。

学校を休むわけにはいかない、親に申し訳ない、情けない。

それが既に妄想なのですから、休みたい時には休んで行きたい時に行って、やりたいことをやっていれば何の問題もないのです。

疲れを感じたらすぐに休み、とことん寝続けてみましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*