好きなように生きればいい

あなたは「好きなようにしていいですよ」と言われて、何をしますか?

何も出来ないでいる人もいれば、すぐに何かに取り掛かる人もいるでしょう。

好きなように生きるのは人生の正解なのですが、そこには深い意味が隠されていることに気づきましょう。

自由に生きることは、誰にでも許されている権利です。

ただ、好き放題やっていれば、それなりの見返りもあるというもの。

好きなように生きることには、必ず責任がともないます。

しかし、その責任は誰に課せられるわけでもなく、自分だけです。

だからこそ、全て自分で決めればいいのです。

好きなほうを選べ

どちらかが正解なのではなく、自分の好きな方が正解です。

どれを選んだとしても同じですので、好きな道をただ選ぶだけです。

全てが正解ですので、好きな方を選べばそれでいいのです。

人を苦しめているのは、どちらかだと思ってしまう思考で、それは自分の中に存在しています。

結果はどちらでも同じだと認識して下さい。

どれを選んでもいいのだから、自由なのだと知って下さい。

ただ、自分の好きなほうを選べばそれでいいのです。

他人は全く関係ない

全て自分で決めてしまえばいいのです。

だからと言って、他人に決めてもらうことがいけないのではなくて、それは他人に決めてもらうということを自分で決めていますので、それでいいのです。

これが、どれを選んでも、どちらへ行っても同じという意味の本質です。

どこをどう進んでも、全て自分で決めていることで、自分でやっていることなので、他人は何の関与もしていないことがわかります。

「あの人が言ったから」と言って行動しても、それは「あの人が言ったこと」を信じることを自分が選択しただけです。

たとえ誰かに言われても従わないのも、自分で選択することです。

何をどうしようが、好きなようにしか生きれないので、外側に正解があると思わないことです。

他人は全くの無関係ですので、自分だけを見て生きてみましょう。

あなたしかいません

全て自分で決めて、自分で行動していることに気づけば、他人は関係ないのだと理解できます。

その次に気づくことは、「他人はいないんじゃないか?」「自分だけの世界?」といったことではないでしょうか?

どこをどう進んでも、自分で決めていて、自分で行動しています。

生きている限りは、それがずっと連続していきますので、全てが自由です。

あなたの世界には、あなたしかいないのです。

他人は存在していません。

あなたがただ、あなたの好きな生き方を展開して、あなたの物語を楽しみながら体感していくのが人生です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*