人生に奇跡を起こす!幸福のための3つのキーワード!

大切なことを忘れなければ、幸せな人生を歩むことができます。

ここで紹介する3つのキーワードを頭に入れて、思い出す癖を身につけてみて下さい。

複雑になってしまった思考がシンプルになり、心が楽になっていきます。

そして、その瞬間から奇跡の連続が起こり始めます。

これまで、哲学やスピリチュアル、宗教などあらゆる知識を得てきたかもしれません。

そこから導き出せる答えは、ほとんど同じもののはずです。

そのまとめとして、大切なこと3つだけをお伝えしますので、頭の片隅に入れておいて、思い出せるようにしておきましょう。

それだけを忘れず、思い出すことができれば、あなたは外からの情報に惑わされることなく、何の知識も必要なくなり、幸せな人生を歩むことが可能になります。

1.「今」

アレコレと考えてしまうかもしれませんが、とにかく「今」です。

人生は「今」の連続で、そこに全てがあります。

他のどの時間にも生きることは不可能で、時間は「今」しか存在していません。

その「今」を失い続けることが最も不幸な人生となり、その生き方を続けている以上は、どこをどのように生きても幸せにはなれません。

今が最善の状態が続く世界

「今」だけを生きて下さい。

それ以外のことは何も考える必要などありません。

「今」を生きて、その「今」を幸せにすることを続けていれば、人生のどの瞬間も幸せであって、どこで終わりを迎えても幸せな人生だったと感じられます。

すべては「今」の中にあり、それ以外はありません。

2.「ここ」

自分がいる場所が「ここ」であって、どこへ行ったとしても「ここ」にいることしかできません。

どこをどのように進んでも、自分がいる場所は変わらないので、「ここ」でどう在るべきかだけです。

どんな場所にいても、どんな環境であっても、「ここ」を幸せを見出して生きるだけです。

「ここ」以外の場所は、名前はついているものの、生きることのできない場所で、存在することのできない場所です。

自分が立っているところ、置かれた環境、それが「ここ」であって、その中で全力で生きれば、何の問題もありません。

3.「自分」

自分の世界の中には「自分」しか存在していません。

他人がいるように感じていますが、それは自分の物語の登場人物でしかなく、自分しか動かすことは出来ません。

その「自分」がどうするのかでしかなく、それ以外のことは全くの無関係のことなのです。

どうすることも出来ませんし、どうなることもありません。

誰かが言っていることや、やっていることに意味はなく、自分の世界にいる「自分」には何の影響も与えることはできません。

何をするにしても「自分」のみです。

「自分」だけしかいないことに気づけば、傷つくことも傷つけられることもなく、何も怖いものなどなくなってしまうでしょう。

そして、怖れを無くした「自分」によって、自由な選択が出来るようになり、絶対的な幸せが訪れるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

色々なところで出会った言葉たちの先に、一本の線で結ばれているものは、「今」「ここ」「自分」ではなかったでしょうか。

何をどうやっても、どこをどう辿っても同じで。

「今」「自分」が「ここ」でどう生きるか。

それしかないのです。

そして、どうやったら幸せになれるのかではなく、その瞬間に選択が自分へと委ねられているのです。

「今」「ここ」にいる「自分」が幸せで在るということを選ぶだけです。

どんな場所でも、どの瞬間でも、誰といても、幸せであればいいだけです。

幸せを内面から生み出すことだけ出来れば、何がどうなったとしても、幸せです。

この3つのことだけを思い出すことが出来れば、あとは何もする必要はありません。

幸せになれるかどうかは、何か特別なことをするのではなくて、今ここにある幸せを自分が感じる。

それだけしかしなくていいのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*