ルールを破って常識を破壊しよう!

あなたが今、何かに苦しんでいるとしたら、もうそこを卒業するべきタイミングが来たということ。

普通はそうするはずだ。

それは当たり前のこと。

その枠組みよりも、あなたが大きく成長したために、その世界を狭く感じるようになってきたのです。

社会には様々なルールや常識が存在しますが、それは支配によるものです。

ただ、それら全てを守りながら生きていると、目的を見失い始めて生きるのが辛くなります。

真面目な人ほど苦しんでしまうのは、純粋であるが故に、全てのルールを自分に課せてしまうからです。

自分ルールを作ろう

誰もが守っているように見える常識やルールは、実際には何の力もありません。

そうしないといけないような気がするだけで、守ろうが破ろうが自由です。

全て、自分ルールで決めてしまえば、もっと楽に進むことができます。

決まり事を守るかどうかも自分のルールですので、それを許可してしまえばいいのです。

幼い頃から、大人に怒られたりすることによって、ルールを守ることを覚えますが、それが絶対だと信じ込むと、大きくなるにつれて苦しくなっていきます。

結果はどうなるのかはわかりませんが、自分で決めて自分で受け入れる覚悟を持ちましょう。

そこから、自由な世界は広がって、大きく成長できます。

大切なのはモラル

生きる上で、大切なことはルールを守ることではなく、モラルを守ること。

人と人とが互いに支え合って生きるために、モラルを大切にし、そのモラルを守るためにルールが課せられます。

そのはずのルールが、いつしか独り歩きして手段が目的となってしまっているのが社会で常識と呼ばれるものです。

本当は何をやっても自由であって、思い通りに行動することができるのです。

人の心を失わずに行動することさえ出来れば、何の問題もありません。

幸せに生きてみよう

自分が苦しくなってしまうのは、許さないことが多くなっているからです。

その許すべきではないことが、他人へも向かっていき、互いに生き辛さを感じる関係を創り上げていきます。

しなければいけない、してはいけない。

そういったことが増えれば増えるほどに、人は不幸になっていくばかりです。

真面目な人ほど苦しい人生を選んでいます。

不真面目に見える人ほど、人生を思いっきり楽しんで生きています。

幸せに生きることは、ただ消耗するだけの関係性を早く終わらせて、楽しいことをやるだけです。

それを誰かに「ダメ」だと言われても、あなたには無関係の話です。

幸せに生きることは、自分で選択すること。

そこには、社会の常識もルールも無用で、あるのは自分ルールだけです。

常識を破ってルールを破壊しよう!

当たり前だと思っていたことは、時間の経過とともに当たり前ではなくなります。

常識とルールを破壊してしまえば、世界は広がります。

守らなければいけないと思い込んで、その中で生き続けていると、狭く苦しい人生となります。

不可能を可能にするのは、常識を疑ってルールを守ることから始まります。

人類は、そうやって当たり前の壁を壊すことによって、発展を続けてきました。

以前はそうだったかもしれませんが、今は違う。

今はそうかもしれませんが、この先では何が起こるかわからない。

それこそが当たり前のこととされる宇宙のルールです。

あなたがもし、今が楽しくない、幸せでない、苦しくて辛いと感じているのであれば、あなたの中に存在する常識を疑って下さい。

あなたにルールを課せているのは、他人や環境ではなく、あなた自身ですので、そのルールの枠を外してあげて下さい。

やりたくないことはやめて、やりたいことをやってもいいのです。

それが楽しいことだと感じているのであれば、そこに進めばいいのです。

あなたを苦しめる世界を脱出するには、あなたが解放してあげるしかありません。

ありのままそのままで生きて、もっとわがままに、大胆に生きていいのです。

あなたの行動を誰も咎めることはできませんし、あなたがあなたを咎めることなく、許してしまえば、それは許されることなのです。

ルールや常識は、あなたを縛り付ける幻想のものでしかありません。

自由な世界を創り出し、毎日を幸せに生きられるかどうかは、あなた次第です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*