流れるように生きてみよう

ストレスを感じて、苦しくなったり辛くなったりしてしまうのは、どこかで無理をしているからです。

それはもうしなくてもいい心のサインを無視せずに、自然な流れに身を任せてみましょう。

上手くいかないことがあるのなら、力を抜けば上手くいく方向へと進めます。

生きることは、頑張ることではありません。

ただ、生きて行くために、必要なことに力を注ぐだけです。

それ以外のことは、やらなくても何も問題はありません。

自然な流れに身を任せよう

流れるように生きることは、ただ何も考えずにあるがまま、思うがままに生きることです。

辛さを感じてしまうのは、心と体が一致しない行動をとり続けた結果です。

心が疲れてしまい、落ち込んだり、苛立ったりしてしまうようなら、それは今やめるべき時、するべきことではないということです。

流れに身を任せる生き方は、頑張らないこと。

無意識の行動だけに任せて進むということです。

何もしなくてもいい

こんな自分はダメだから、もっと頑張らないといけない。

その思いこそが自分を苦しめてしまっています。

成長は、何もしなくてもしていくものであって、必要なものは自然と身についていくものです。

理想の自分像を描き続けて、今の自分と比較して、至らないところを埋めようと努力し続けたとしても、そのギャップは永久に埋まることはありません。

何もしなくてもいいのです。

今のままそのままで大丈夫ですし、それが完全な自分自身であると認め、受け入れることによって、上手く流れることが出来るようになります。

全てを許していこう

何がどうなったとしても、最後には全てが正解になり、幸せになれるように決まっています。

だからこそ、今の至らない自分を、自分で責めないことです。

ダメなところを見つけても、それを修正せずに、「出来ない」と認めるのです。

そこでもし、欠点だと思い込んで克服しようとするところだダメだと思うことも、許してあげましょう。

全てを許すことは、許せないでいる自分をも許すこと。

今はそれでいいのだと、ダメなところがあってもいいのだと、ダメと言っている自分がダメと思っていることも、何もかも許してしまいましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*