苦しいようならやめよう

自分の進むべき道を教えてくれるのは、いつでも自分の心です。

どうすればいいのかわからないなら、まずは心に聞いてみよう。

頭で考えるのはやめて、心で感じてみましょう。

正しいかどうかを考え始めると、そのうち複雑になっていきます。

誰かに言われたことや、決まったことだけに囚われないで下さい。

自分は自分らしく生きるために、心に従って生きましょう。

心が道を示している

頭で考えながら進んで行くと、どこかで行き詰ってしまいます。

まずは、心で何を感じているのかをしっかりと把握して、その道を辿りましょう。

そして、その感覚だけに従って、目の前の道を歩いていきましょう。

大切なことは、まずはやってみて、ダメなら別の手段をとること。

ただそれの繰り返しだけです。

心に従い、様々なアプローチで行動していけば、そのうち道は開けていきます。

苦しくなることはやめよう

誰かの期待を背負いすぎたり、自分が苦しくなったりすることはやめましょう。

そのまま進み続けると、そのうち大きなトラブルが起こりますので、心のサインは大切なものです。

嫌だな、辛いな、苦しいなと思ったら、自分の道を外れているということです。

苦しくなるようなことはしなくてもいいので、今すぐにやめましょう。

心が躍る世界へと進もう

頑張りすぎ、無理をしすぎはいいことはありません。

それも決して無駄な努力ではありませんが、どこかで力尽きてしまいます。

それよりも、心が躍る世界、輝く未来へと走り出しましょう。

辛いことに耐えることも意味があるものとなりますが、無理をしてまで頑張る必要はありません。

楽しく、輝ける未来を目指して、楽しい世界を展開していきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*