何をどうやってもなるようにしかならない

運命は切り開くものでありながらも、始めから決まっているとも言えます。

何をどのように辿っても同じで、行き着くべきところへと流れていきます。

やれるだけのことをやって、あとは自然な流れに身を任せましょう。

色々と考えてしまうこともあるでしょう。

それでも、いくら考えても悩んでも同じことです。

その時間が最も無駄なもので、全ては今へと帰還していきます。

今どうするのかだけ

どれだけ苦しくて、辛くても、悩んだとしても同じことです。

結局は、今からどうするのかということだけです。

他人から色々なことを言われるかもしれませんが、それはあまり意味のないことです。

自分が今、どうしたいのか。

これからどうするのか。

それだけです。

そこに集中することが出来れば、全ての悩みは消え去っていきます。

他人がどう考えようが、何を言おうが今の自分には一切関係ありませんし、何の影響もありません。

今、どうするのかだけです。

何をどうやっても同じ

頑張れる時には頑張ってもいいし、無理な時には休んでもいい。

ずっとどちらかだけというのは出来ないのが人間というものですので、どの選択も同じことです。

考えたい時には考えて、動くべき時には動きましょう。

どこをどう辿っても、何をどうやっても必ず同じところへと流されていきます。

全ては宇宙の力、流れによって決まっていきますので、全てを任せてしまいましょう。

心で願いながら目の前のことをやろう

全ては天に委ねられていて、最終的に行き着くところは決まっていますので、今を楽しみながら、心で願いながら目の前のことをこなすだけです。

好きなことをやって、ただ目の前の課題をクリアしましょう。

決まった答えがあるわけではなくて、ただ淡々と進めながら後は待つだけです。

大切なことは、心でいつもそれを信じているということです。

全てが正解となる瞬間が必ず訪れますので、信じることだけです。

強く信じて、目の前のことをこなしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*