アクアリウム・熱帯魚飼育で学んだこと

アクアリウムを真剣にやっていた頃があって、そこで学んだことは沢山ありました。

どんな趣味でも、必ずその中に学ぶものがあります。

それがどこで役に立つのかは、ずっとずっと生きていった先でのお楽しみ。

今回は、アクアリウム、熱帯魚飼育で学んだことを思い出しながら書き残します。

アクアリウムは、色々と検索して画像を見ると、かなり憧れる情景が沢山あります。

中でも、ネイチャーアクアリウムという世界は、本当に幻想的でたまらないものです。

先駆けだった天野さんは亡くなられてしまいましたが、今でも根強い人気がありますね。

これから始めてみたいという方は、色々と調査してみて下さい。

メリットデメリットありますが、とても魅力的で学びの多い世界ですので、興味を持ったなら始めてみましょう。

お金はかかるけど予想よりは低コスト

新たな趣味ですし、機材などを揃えていくと、それなりのお金はかかります。

ですが、予想しているよりも安価で出来ます。

詳しい知識を学んでもいいのですが、適当にやってみても可能な趣味です。

必要なものを揃えていって、日々の管理を怠らなければ問題なく続けられます。

あまり没頭しすぎると時間もお金もかなりの負担となっていきますので、そこそこの趣味にしておけば、思っているよりも手軽にできる趣味です。

大切なことはバランスで、費用対効果を考慮していけば、さほど贅沢な趣味でもありません。

満足度はかなり高い

水槽の中に自然を創り上げる作業なので、満足度はそれなりに高い趣味です。

管理者がしっかりと手間をかけた愛情が、そのまま展開されていく世界なので、その美しい情景に魅了されます。

始めのうちは手がかかるのですが、こまめなメンテナンスを行いながら続ければ、あるタイミングからはほぼ手放しとなります。

完全に放置はできませんが、ほぼ放置に近い状態にまで持って行くことも可能ですので、そこまで負担はかかりません。

時間はかかるものですが、それなりの結果がきちんと演出されますので、頑張った分だけ満足できるはずです。

増やし過ぎていけない

アクアリウムで学んだことは、とにかく増やし過ぎることは良くないということ。

ある程度楽しさを知っていくと、水槽を増やしていったり、色んな種類の魚を入れてみたりするのはよくあることです。

しかし、やはり生体を扱う趣味ですので、増やし過ぎは崩壊を招きます。

それなりにコストも増加し、管理にかける時間の負担は大きくなっていきます。

軽い作業ではあるのですが、それが積み重なることによって、プライベートタイムは削られていくので、大切な時間を失わないように気をつけましょう。

手を加えすぎないこと

アクアリウムは、人工的な機材を使いながらも、自然の力を利用して成立させていく世界です。

自分の思い描く形に近づけたいからと手を加え続けると、あまり上手くいかなくなります。

これは、水槽で生体を飼育する上ではかなり重要なところですので、始めたい方はよく覚えておいて下さい。

アレコレとやりすぎると、前へ進めなくなりますし、自然の力も上手く利用することが出来ません。

最低限の状態を作ってあげれば、あとは勝手になるようになっていくので、その淘汰に任せていきましょう。

とにかく癒される

アクアリウムは、部屋にあるだけで癒されます。

熱帯魚飼育は、心を落ち着かせる作用があることも知られています。

視界に入る場所に置いておくだけで、リラックス効果を測れますのでお勧めの趣味です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*