引き寄せの法則を使うならいい気分でいよう!

引き寄せの法則は、いい気分でいるだけってことは色んなところで言われてるから知ってるかもね。

でもね、それがどういうことかわからないって人は多いと思うんだ。

私も、その理屈を聞いて、その通りにしたいんだけどそれが出来ないから困ってるんですって状態だった。

そういった人たちはかなり多いんじゃないかな。

引き寄せの法則はさ、心の状態と同じものを引き寄せて出現させるものだから、良い物だけを引き寄せるものじゃなくて、悪い物も引き寄せるって話。

だから、自分の気分次第で世界が変わってしまうってこと。

とにかく、自分がまずいい気分でいれば、いいことがどんどん起こり始めるわけ。

でもね、辛い時、苦しい時にはそれができないんだ。

それはわかってる。

だったらどうすればいいの?

順序を変えよう

「いい気分でいなきゃ」とやっても、そういった命令は心は聞いてはくれないね。

これが、考えても心は動かせない証拠。

頭でいくら考えながらやってもダメなんだ。

色を変えるべきは心だから。

本当にいい気分にならないと、効果は表れないよ。

じゃあどうすればいい?

自分が本当にいい気分になれることを最初にやるんだよ。

何度やっても出来ないって人は、やっていることの順序を変えてみて。

いい気分が途切れたり、やってるつもりが無理矢理なだけだったりするのは、やりたいことはやらずにやりたくないことばかりをやってるから。

自己犠牲的になって、自分を責めてるからじゃないかな。

何かあったのかもしれないけど、その懺悔、償いを終わらせるのは自分しかいないんだよ。

もうそれは終わったことだからいいんだよ。

尽くすことは後にして、まずは自分を優先してみてよ。

もう少しわがままになって、やりたいことを先にやってみて。

そしたら世界は変わるから。

そこから何かが始まっていくよ。

全てを許していこうよ

自分を先に気分よくすることに罪悪感があるのは、まだ自分を責めてるからだよね。

でも、それをやめると誰かを責めることになってしまう。

それも違うよね。

そもそも、そうなってしまう根本にあるのは、どちらかを責める、誰かが悪いって思考が自分にあるってだけ。

それは誰も悪くはないんだよ。

仕方がなかったことなんだよ。

もう終わったことなんだよ。

今をもっと大切にして、これからのことだけを考えようよ。

許してあげようよ。

他人も自分も許すしかないんだよ。

許せずにいる自分も許そうよ。

何もかも許してあげて、今は自分の気分を良くするための行動に許可を出そうよ。

そうじゃないと、自分も大切な人も共倒れになっちゃうよ。

もういいんだよ。

不機嫌は無言の凶器なんだから、自分の気分を上げることをやっていこうよ。

やりたいことを今すぐやろう

生活がやりたくないことばかりだと、誰だって生きてても楽しくないものです。

やりたいことが一つもできないなら、気分の上げようがないでしょ。

ブレーキをかけて、それを許さないで、縛り付けているのは自分だよ。

許可を出そう。

やりたいことを今すぐやろう。

思いついたそれを、すぐにやるんだよ。

それをやるまでは、少し勇気がいるかもしれないし、怖いと思ってるかもしれない。

でも、何もならないし、むしろいい方向へ進めるよ。

想像している恐怖はただの妄想で、自分が創り出しているもの。

その恐怖は、飛び出した瞬間に消えてなくなるから。

大丈夫。

やりたいことをやっていいんだよ。

もっと楽しく生きていいんだよ。

不安な顔をしていたら、一緒にいる人たちも不安になっちゃうよ。

できないなんて言ってないで、お腹の底から笑えることを今すぐにやっていこう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*