Official髭男dism好き!メンバーってどんな人たちだろう!

何のキッカケがあったかは覚えていませんが、Official髭男dismってバンドがめっちゃ好きです。

何が良いって、まあバンドですから単純に歌がいい。

綺麗ですし、思いが伝わります。

となると、やっぱり興味が湧くのはどんなメンバー構成なのかってこと。

今回は、Official髭男dismってバンドについてちょっと調べてみました。

Official髭男dism

日本のピアノPOPバンド。

らしいですが、あんまりピアノってイメージはないですね。

お前なんも知らねーじゃん、なんてファンにつっこまれそうで、申し訳ないです。

結成は2012年。

所属事務所はラストラム・ミュージックエンタテイメント。

レーベルはポニーキャニオン。

これは知っております。

というか聞いたことある程度ですが。

まあ、普通に有名バンドなのは間違いないですね。

なんといっても、ランキング上位をずっと占めてますからね。

愛称はヒゲダンらしいです。

私はこれは初耳なもので、明日から前から知ってたかのように「ヒゲダン」ってドヤってみます。

それがそもそも恥ずかしい行為だってのはつっこまないで下さい。

メンバー紹介

では、気になるバンドメンバーを見てみましょう。

藤原 聡

読みはふじわらさとしで男性ですね。

彼がボーカル、キーボード、プログラミング、パーカッション、作詞、作曲を担当されてるようです。

って、なんか最近の人たちはなんでもやっちゃいますね。

本当にすごいですわ。

バンドとして楽器使うのはわかるけども、プログラミングって何さ!

すごすぎるでしょ!

ってそのすごさもわからないんですが、学校でやるとか言ってるなんか難しそうなあれですよね。

プログラミングって聞いただけで、スゴイ感!

まあとにかく彼はすごいんです!

経歴のほうは、鳥取県出身で、大学を卒業後に地元の金融機関に主食したそうです。

そこから二年間営業を経験してきたようです。

これまた素晴らしい。

大学出て金融機関の営業を2年もやったのだから、そこで何か大きなものを学んで、今に至ってるんでしょうね。

高校時代は吹奏楽部でパーカッションを担当していて、それが今の活躍へとつながってるみたいですね。

元はドラマーらしくて、実はメタル好きってところも若さがあっていい。

まあ、聞いていて好きな曲と、歌いたい曲ってのが違うのもわかる気がしますしね。

今のバンド結成からボーカルらしいですが、元々才能があったんでしょうね。

作詞作曲もやってて、今の美しい曲が創れるってことは、それだけ感性が高いのでしょう。

色んな経験を経て、その中で学んできたことが曲に乗せられて。

最高ですね!

小笹 大輔

読みはおざさだいすけで男性ですね。

出身は島根県の松江市です。

担当はギターとコーラス。

高校時代に電子情報システム工学を専攻していて、カオス理論の研究をしていたらしい。

って、カオス理論の研究って何を研究するんだろう。

とにかくこれもすごい学びになってそうですが、私の範疇をはるかに超えています。

卒論のテーマが「カオティックブレイク実装によるニュートラルネットワーク」とのことですが、もうなんのこっちゃかわからないですね。

でも、ちょっと好きなワードは、カオティックブレイク。

なんかカッコいい!

私のリミット技にしたいですね。

ギターを始めたのがハイスタンダードらしく、ここはちょっと親近感湧きました。

私は、ビジュアルブームからパンクブーム、ミクスチャーなどの世代ですので、めっちゃ聞いてましたね。

動物好きらしく、特に猫が好きとのこと。

ここらへん、なんか優しそうな男性をイメージしちゃいますね。

だけども、ファンの皆さん。

彼はつい最近、2019年7月30日に、バンド公式サイトを通じて、交際していた女性と結婚したことを報告したそうです

残念とは言わず、ここはおめでとうございますです!

奥さん、大輔くんが疲れた時には、暖かい麻婆豆腐を作ってあげて下さい。

楢崎誠

読みはならざきまこと、男性ですね。

担当はベース、サックス、コーラスだそうです。

広島県の福山市出身で、高校時代には吹奏楽部だったそうです。

音楽の教員免許を持ってて、島根県警察音楽隊でSaxを吹く仕事をしていたらしい。

って、なんだかすごい人のようです。

純粋に、やっぱり音楽が好きなんでしょうね。

好きこそものの上手なれ。

好きなことをとことんにやった結果が、今に至るのでしょうね。

本当に素晴らしいことです。

音楽やっててよかったって瞬間を、何度も味わってそうですね。

松浦匡希

読みはまつうらまさき、男性です。

鳥取県米子市の出身で、中学生で剣道初段を取得したそうです。

剣道の世界って、ものすごい精神のやりとりが繰り広げられてるから、心が洗練された経験となったでしょうね。

もちろん剣道部では部長だったようで、団体でも主将を任されていたようです。

道に生きる人は、人格が育っていると見受けます。

素晴らしいです!

釣りが趣味だとういのが、とてもいい!

好感度アップ、親近感アップです。

また、アニメに関する知識が広いらしく、色々楽しむのが上手そうです。

勝手なイメージですが、愛国心がありそうな感じです。

担当はドラム、パーカッション、コーラスで、バンドでもやっぱり重要な役割を任されてますね!

ドラムは野球でいうキャッチャーみたいな感じだと思います。

とか言うと知ったかすんな素人と言われそうなのでこれくらいで。

まとめ

ということで、今回はヒゲダンのメンバーについて、私の主観も添えて書いてみました。

いずれにしても、ヒゲダンは素晴らしい、メンバーも素晴らしいってことです。

それに、とにかく若いですので、今をしっかりと楽しみながら、イキイキと活躍して欲しいですね!

それでは、ヒゲダンファンの皆さん、「宿命」を聞いて今宵も楽しく終わりましょう。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*